@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

井筒【いづつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

井筒
いづつ
能の曲名。三番目物。世阿弥作。旅 (ワキ) が在原寺を訪れると,里の女 (前ジテ) が井の水を古塚にたむけている。女は問われて在原業平の物語をし,自分は業平と契りを結んだ紀有常の娘であると告げて去る (中入り) 。僧が供養を営むと,業平の形見,直衣を着けた井筒の女の (後ジテ) が現れ,ありし昔を偲んで「恥かしや,昔男の移り舞」を舞い (の舞) ,夜明けとともに姿を消す。幽玄な鬘物 (かずらもの) で世阿弥の代表作。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

い‐づつ〔ゐ‐〕【井筒】
井戸の地上部分に設けた円筒状あるいは方形の囲み。
鉄筋コンクリート製の底もふたもない筒。建造物の基礎を作るのに用いる。
紋所の名。1の形を図案化したもの。平(ひら)井筒・角立(かくたて)井筒など種々ある。井桁(いげた)。
[補説]曲名別項。→井筒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いづつ【井筒】[謡曲]
謡曲。三番目物世阿弥作。伊勢物語に取材したもので、紀有常の娘の霊が在原業平との思い出を語り、井筒を回りながら、水にわが姿を映して昔を懐かしむ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いづつ【井筒】
能の曲名。三番目物鬘物(かつらもの)。世阿弥作。シテは井筒の女の霊。旅の僧(ワキ)が大和初瀬(はつせ)の在原寺(ありわらでら)を訪れると,若い女が来て荒れた古塚に水を手向ける。女は僧にこれが在原業平のだと教え,業平と井筒の女の恋物語を話して聞かせるが(〈クセ〉),やがて自分はその女の霊だと名を明かして,かたわらの井筒の陰に姿を消す。夜がふけると,女は業平の形見の装束を身に着けてふたたび現れ,舞を舞い(〈序ノ舞〉),井戸にわが姿を映して夫の面影をしのびなどするが(〈ノリ地〉),夜明けとともに消えていく。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

いづつ【井筒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いづつ【井筒】
井戸の地上の部分を木・石などで囲んだもの。井戸側。
家紋の一。を図案化したもの。本来は正方形のものをいう。平井筒・唐井筒・重井筒、丸に角立井筒など種々ある。 → 井桁いげた

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いづつ【井筒】
能の一。三番目物。世阿弥作。紀有常きのありつねの娘と在原業平の恋物語を脚色したもの。「伊勢物語」による。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

井筒
いづつ
能の曲目。三番目物。五流現行曲。世阿弥(ぜあみ)の幽玄能を代表する名作。原典は『伊勢(いせ)物語』。典拠正しい題材であることを、世阿弥は本説(ほんぜつ)とよんで作能の第一条件とした。秋の夕暮れ。在原寺(ありわらでら)の廃墟(はいきょ)を訪れた旅の僧(ワキ)の前に、井筒の女の亡霊(前シテ)が里女の姿で現れ、筒井筒の幼なじみからしだいに恋に移行していった在原業平(ありわらのなりひら)と女のこと、女の純情ゆえに危機を乗り切り、愛を貫いたことを物語り、実はその井筒の女は自分と名のって消えていく。
 後シテは業平の形見の衣装を身に着けて旅の僧の夢のなかに現れ、恋の情念を美しい舞に結晶させ、薄(すすき)を押し分けて思い出の井戸に男装の姿を映して恋人をしのぶ。この男装の姿は、業平自身のイメージとも重なり合い、後世映画が開発したオーバーラップやナラタージュ、フラッシュ・バックなどと同じ手法を世阿弥は用いている。死後何百年もの時点から、生の時間を、愛のすべてを凝縮する夢幻能の手法によって、恋の永遠性がみごとに描かれている。
 なお間狂言(あいきょうげん)は里人による物語だが、これを省略し、舞台上で後シテの扮装(ふんそう)に変わり、叙情の一貫性を高める演出もある。[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐づつ ゐ‥【井筒】
[1] 〘名〙
① 木や石などでつくった井戸の地上の囲い。円形、方形がある。井戸側。化粧側。井桁(いげた)
※伊勢物語(10C前)二三「筒井つのゐづつにかけしまろがたけ過ぎにけらしな妹見ざるまに」
② 紋所の名。①の形を図案化したもの。平井筒、角立井筒、重井筒など種々ある。
③ 能楽の作り物の一つ。台の四すみに竹を立て、その上部を杉板で井桁に組んだもの。「井筒」「玉井(たまのい)」などの曲に用い、特に「井筒」の場合には後方の左右どちらか一片にススキの作り花を添える。
④ 井筒工法に使用される器材。木、れんが、鉄、コンクリートなどで造った、ふたも底もない筒。地中に掘り入れ、コンクリートを充填(じゅうてん)して建造物の基礎とする。
[2] 謡曲。三番目物。世阿彌作。「伊勢物語」による。諸国一見の僧が在原寺を訪れると、紀有常の娘の霊が現われ、業平との恋を回想しつつ舞う。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井筒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

井筒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation