@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

亜寒帯気候【あかんたいきこう】

世界大百科事典 第2版

あかんたいきこう【亜寒帯気候】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

亜寒帯気候
あかんたいきこう

亜寒帯に特有な寒冷な気候。冷帯気候または冷温帯気候ともいう。ケッペンの気候区分では、最寒月の平均気温零下3℃未満、最暖月の平均気温10℃以上のD気候に相当する。ユーラシア大陸と北アメリカ大陸の北部に限られる。南半球ではこれに対応する緯度にほとんど陸地はないので、居住空間としての亜寒帯気候は存在しない。積雪のある厳寒の冬は長い。夏は昼間時間が長いため日射量が多く、短期間ではあるがかなり高温になり、気温の年較差が非常に大きいのが特徴である。南極大陸を除くと世界中でもっとも寒冷な地域で、河湖や港湾の凍結期間や積雪期間は数か月にも達する。夏は低圧部が発達し、雨が多くなるので農耕が可能となる。農業活動の北限は、月平均気温10℃以上の月が4か月以上と3か月以下の境付近にある。亜寒帯気候は降水の季節配分から、年中降水のある亜寒帯多雨気候(冷帯多雨気候、冷帯湿潤気候)と降水が夏に多い亜寒帯夏雨気候(冷帯夏雨気候、亜寒帯冬季少雨気候)とに細分される。また植生に着目して、北部の針葉樹林気候(タイガ気候)と南部の大陸性混交林気候に二分することもある。

[山下脩二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あかんたい‐きこう【亜寒帯気候】
〘名〙 亜寒帯に一般的な気候。冬は長く、継続的に積雪があり、夏は短いがかなり高温に達する。北半球のみに分布する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あかんたい‐きこう【亜寒帯気候】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

亜寒帯気候
あかんたいきこう
冷帯気候」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亜寒帯気候」の用語解説はコトバンクが提供しています。

亜寒帯気候の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation