@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

亜硝酸アミル【あしょうさんアミル】

世界大百科事典 第2版

あしょうさんあみる【亜硝酸アミル】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

亜硝酸アミル
あしょうさんあみる
化学的には亜硝酸-n-アミルCH3CH2CH2CH2ONOや亜硝酸イソアミル(CH3)2CHCH2CH2ONOなど、アミルアルコール異性体の亜硝酸エステルの総称として用いられるが、医薬面では亜硝酸イソアミルの通称名として使われる。亜硝酸アミルは冠血管拡張剤で、19世紀以来、狭心症発作の救急薬として使われてきた。淡黄色で果実のような香りを有する液体で、細い管状のアンプルに0.25ミリリットル入ったものが市販されている。発作時に、アンプルを割り、ガーゼに吸収させて鼻先にあてて吸入する。1回の使用量は0.2ミリリットル、承認投与量の上限は1回0.25ミリリットル。劇薬。30秒以内に作用し、5~10分くらい効果が持続する。なお、狭心症発作には現在おもにニトログリセリンや硝酸イソソルビドが使われている。[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亜硝酸アミル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

亜硝酸アミルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation