@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

亜硫酸パルプ【ありゅうさんパルプ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

亜硫酸パルプ
ありゅうさんパルプ
sulfite pulp
略称 SP。製用のパルプ原木チップ (木片) を酸性亜硫酸塩溶液で蒸解し,チップ中に含まれるリグニンなど非繊維素を除去し,繊維素の純度を高めたもの。製法は古く,19世紀後半から製造され,当初,原木はエゾマツトドマツなどの針葉樹に限られていたが,近時は広葉樹も使われている。パルプの純度が高く,製紙しやすい利点をもち,上質紙用に使われるほか,砕木パルプなどを配合して新聞用紙,雑誌用紙など各種の洋紙用として用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ありゅうさん‐パルプ〔アリウサン‐〕【亜硫酸パルプ】
木材片を亜硫酸亜硫酸塩との混合液で処理して製造した化学パルプ。上質紙やレーヨンアセテート原料

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ありゅうさんぱるぷ【亜硫酸パルプ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ありゅうさんパルプ【亜硫酸パルプ】
主として針葉樹の木片を亜硫酸と亜硫酸塩の混合液とともに摂氏150度前後で加圧煮沸し、リグニンなどの不純物を溶かし去って作った化学パルプ。良質なので上・中質紙やレーヨンなどの原料にする。また、新聞用紙に配合する。サルファイトパルプ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

亜硫酸パルプ
ありゅうさんぱるぷ
sulfite pulp
狭義では木材などを原料として酸性亜硫酸法で製造した化学パルプ。略称SP。酸性亜硫酸法は酸性亜硫酸カルシウムおよび亜硫酸の混合水溶液を蒸解薬液とし、セルロース原料を140~150℃で処理し、リグニンなどの非セルロース物質を溶出させてパルプを取り出す方法である。薬液中のカルシウムのかわりにマグネシウム、ナトリウム、アンモニウムを用いることもあるが、単に亜硫酸法といえばカルシウムベースの酸性亜硫酸法をさす。蒸解(煮てパルプ化すること)を十分に行って得られるパルプは易漂白性である。比較的純度が高く、中程度の強度を有する。1960年(昭和35)ごろまでは化学パルプの主流であった。未晒(みさらし)パルプも晒パルプも優れた抄紙(しょうし)適性をもつので、重包装紙以外のほとんどの種類の紙の主要原料となる。亜硫酸パルプの原料としては、樹脂分の少ない針葉樹材がもっとも適するが、日本では1960年代になって資源的に不足し、広葉樹材も原料とするようになった。亜硫酸法は蒸解薬液が強い酸性であるため、セルロースおよびヘミセルロースまで崩壊して溶出するので、パルプの強度と収率が低下する。とくに広葉樹材は繊維長が短くヘミセルロースが多いので、製紙用のパルプとしては適さない。もっぱらその純度を生かして人絹、カルボキシメチルセルロース(CMC、化学糊(のり))やセロファンなどの化学原料の溶解用パルプとして使われている。しかし、全体として著しく需要が減り、化学パルプの主流としての位置はクラフトパルプに移った。また廃液の処理が容易でないことも衰退の大きな原因となった。
 広義の亜硫酸系パルプとしては、原料を亜硫酸塩の酸性、中性またはアルカリ性の水溶液で1段または2段蒸解して得られるパルプも入る。中性またはアルカリ性亜硫酸法は麻などの非木材のパルプ化に適する。得られた非木材の亜硫酸パルプは機械抄(す)き和紙など特殊高級紙の原料に用いられる。
 なお広葉樹材などを亜硫酸塩の中性溶液で蒸解後、機械的に解繊して得られるパルプは、とくに中性亜硫酸セミケミカルパルプとよばれる。これはヘミセルロースとリグニンの含有量が大きく、堅い紙、とくに段ボールの中芯(なかしん)原紙用に適するとして、きわめて大量に使われた。しかし1970年代になるとごみ減らしのため古紙回収が進み、再生パルプを板紙の製造に使わざるをえなくなり、中性亜硫酸セミケミカルパルプの需要と生産量は一挙に激減した。[御田昭雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ありゅうさん‐パルプ アリウサン‥【亜硫酸パルプ】
〘名〙 (パルプはpulp) 化学パルプの一つ。パルプ原料を亜硫酸と重亜硫酸塩を含む溶液で加圧加熱してつくる。印刷用紙、筆記用紙やビスコース、レーヨン、アセテートなどの原料に用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

亜硫酸パルプ
アリュウサンパルプ
sulfite pulp

化学パルプ一種で,酸性亜硫酸法を基本とする.漂白性,抄紙適性にすぐれており,ほとんどあらゆる種類の紙の原料となる.しかし,パルプ化に長時間を要すること,強度的にクラフトパルプに及ばないなどのため,現在では製造はごく限られている.廃液からはリグノスルホン酸塩が得られる.また,とくに精製したものは溶解パルプとして用いられる.[別用語参照]パルプ

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亜硫酸パルプ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

亜硫酸パルプの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation