@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

亜鉛華【あえんか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

亜鉛華
あえんか
zinc flower
酸化亜鉛 ZnOを工業薬品顔料,医薬品などとして用いるときの呼称白色顔料として用いるときは,亜鉛白という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あえんか【亜鉛華 zinc white】
酸化亜鉛ZnOの工業薬品,医薬品,顔料などとしての別称。亜鉛白ともいう。比重5.4~5.7,屈折率1.9~2.0の無毒性の白色粉末。水,エチルアルコールには不溶だが,酸,アルカリアンモニア水には可溶である。工業的には,亜鉛を約1000℃に加熱して生ずる蒸気の空気酸化(フランス法),亜鉛鉱石をコークスで還元後焙焼(ばいしよう)して生ずる亜鉛蒸気の空気酸化(アメリカ法),および塩化亜鉛水溶液にソーダ灰を加えて沈殿させた塩基性炭酸亜鉛の煆焼(かしよう)(湿式法)によってつくられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

亜鉛華
あえんか
zinc flower

酸化亜鉛の工業薬品、顔料(がんりょう)などとしての通称。亜鉛白ともいう。金属亜鉛を、るつぼで融解し、1000℃程度で気化させ、これを空気で燃焼させると煙霧状の酸化亜鉛が生成する。これを冷風で急冷すると微粒となるので、サイクロンなどで捕集する(乾式間接法)。また亜鉛鉱から直接取り出した金属亜鉛の気体を空気酸化してつくることもある(乾式直接法)。あるいは硫酸亜鉛の水溶液にソーダ灰(無水炭酸ナトリウム)を加えて、塩基性炭酸亜鉛を沈殿させ、水洗、濾過(ろか)後、煆焼(かしょう)してつくる(湿式法)。これは乾式のものより微粒で活性亜鉛華という。亜鉛華は白色顔料として塗料用にもっとも多量に使用され、比重は5.47~5.78で鉛白(塩基性炭酸鉛の慣用名)に次いで大である。隠蔽(いんぺい)力は二酸化チタンよりはるかに小さく、鉛白よりやや小さいが着色力は大きい。白色顔料としてペンキ、絵の具、印刷インキ、リノリウム用顔料などにも広く用いられ、ゴム用には加硫促進剤あるいは補強剤として使用される。医薬品として無毒な収斂(しゅうれん)剤、乾燥剤、保護剤となり、いくぶん防腐作用もあるので、亜鉛華軟膏(なんこう)などのような外用剤としても用いられる。またメタノール、アセトン製造用触媒、歯科用セメントなどにも用いられる。

[中原勝儼・大塚 淳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あえん‐か ‥クヮ【亜鉛華】
〘名〙 酸化亜鉛の工業薬品、医薬品、顔料としての別称。亜鉛白。
※薬品名彙(1873)〈伊藤謙〉「Flowers of zinc 亜鉛花」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あえん‐か〔‐クワ〕【亜鉛華】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亜鉛華」の用語解説はコトバンクが提供しています。

亜鉛華の関連情報

関連キーワード

クロムアルミナピンク酸化物水銀電池透明導電膜付ガラスガスセンサー光吸着化合物半導体ニッケル亜鉛電池バリスター(抵抗体)硫化亜鉛

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation