@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

亡者【モウジャ】

デジタル大辞泉

もう‐じゃ〔マウ‐〕【亡者】
仏語。死んだ人。また、死んでなお成仏できずに冥途(めいど)をさまよっている魂。
金銭や色欲などの執念にとりつかれている人。「金の亡者」「権力の亡者

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もうじゃ【亡者】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

もう‐じゃ マウ‥【亡者】
〘名〙
① 仏語。
(イ) 常識的な考えにとどこおることを否定する人。とらわれを捨てた人。
※維摩経義疏(613)弟子品第三「若能同観凡聖泯然一空、空無二故、以一食汝時、即是供養一切。若能如是亡者真可正人
(ロ) 死んだ人。死者。また、死んだ後に成仏しないで魂が冥土に迷っているもの。
※栄花(1028‐92頃)楚王の夢「今は此の御娘一所をこそ、且はいみじかりける我まうじゃかな」 〔晉書‐馮跋載記〕
② 色欲・金銭欲などの強い人。「金の亡者」「我利我利(がりがり)亡者」など。
※人情本・柳之横櫛(1853頃)三「謹めば猶つつしむほどがまんのならぬ色の道に踏まよったる亡者」
③ 占ってもらいに来る客。易者のいう語。
※歌舞伎・富士額男女繁山(女書生)(1877)二幕「占ひ仲間の符牒では、客を亡者(マウジャ)といふさうだ」
④ 魚のこと。僧侶のいう語。
※雑俳・軽口頓作(1709)「かくべつじゃ・もうじゃが入ると大根迄」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なき‐もの【亡者】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亡者」の用語解説はコトバンクが提供しています。

亡者の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation