@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

交感神経【こうかんしんけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

交感神経
こうかんしんけい
sympathetic nerve
副交感神経とともに自律神経系を構成する末梢神経内臓諸器官に分布し,意志とは関係なしに,副交感神経に拮抗して内臓の働きをコントロールしている。交感神経はほとんどすべての血管収縮させて血圧を上昇させる。また副腎髄質アドレナリン分泌を促す。全身的にみれば,瞳孔散大し,心臓血管系促進し,消化器系や泌尿器系抑制して,身体活動に都合のよい状態をつくる。このため俗に「昼の神経」などと呼ばれることもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうかん‐しんけい〔カウカン‐〕【交感神経】
副交感神経とともに、高等脊椎動物の自律神経系を構成する神経。脊柱両側を走るから出て内臓や血管・消化器・汗腺などに分布。心臓の働きの促進、血管の収縮、胃腸の働きの抑制、瞳孔の散大などの作用がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

交感神経
 自律神経系の構成要素で,副交感神経系と拮抗して心臓血管,消化器官腹部内臓などの諸臓器の機能を調節している.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうかんしんけい【交感神経 sympathetic nerve】
自律神経の一部をなすもので,この神経の興奮が外界からのストレスに対する反応としての広範な身体部位の反応(全身皮膚の立毛現象,血圧上昇など)を招くために交感sympathetic(ともに感ずるの意)という語が冠されている。交感神経は,心臓血管系,皮膚の汗腺や立毛筋,瞳孔散大筋,胸腹部のすべての内臓に分布してノルアドレナリンを放出する遠心性要素と,内臓の痛みを伝える求心性要素とからなる。自律神経系【山内 昭雄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こうかん‐しんけい カウカン‥【交感神経】
〘名〙 高等脊椎動物の交感神経系を構成する神経。心臓、血管、汗腺、消化腺などに広く分布し、呼吸・循環・消化などの調節をつかさどる。副交感神経と拮抗(きっこう)的に作用し、ともに自律神経系を形成する。
※具氏博物学(1876‐77)〈須川賢久訳〉四「交感神経と名づくる別種の神経あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

交感神経
こうかんしんけい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

交感神経」の用語解説はコトバンクが提供しています。

交感神経の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation