@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

交戦資格【こうせんしかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

交戦資格
こうせんしかく
facultus bellandi
国際法上適法に害敵手段を行使するための資格。正規軍のほか一定の民兵隊義勇隊の構成員にも認められる。交戦資格を有する者が捕えられた場合には捕虜待遇を要求でき,逆に無資格の交戦行為は処罰される。民兵などが交戦資格をもち捕虜の待遇を受けるための要件は,(1) 指揮者に統率されていること,(2) 共通標識をつけていること (たとえば制服着用) ,(3) 武器は公然と持つこと,(4) 交戦法規を守ること,の4つが必要。群民蜂起ではあとの2つでよいが,占領地のレジスタンスには4条件を要する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうせんしかく【交戦資格】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

交戦資格」の用語解説はコトバンクが提供しています。

交戦資格の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation