@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

交流発電機【こうりゅうはつでんき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

交流発電機
こうりゅうはつでんき
AC generator
水力,火力,原子力などのエネルギーを交流電力 (正弦波交流) に変換する発電装置。交流発電機直流発電機のような整流の問題がなく,かつその出力変圧器により任意に昇圧して長距離送電が可能であるため,大容量の発電機はほとんど交流発電機である。交流発電機には同期発電機と誘導発電機があるが,一般に交流発電機という場合は前者をさす。単相交流発電機の例を図に示す。強い電磁石N極S極の間で,コイル (電機子という) を一定の速さで回転し,電磁誘導によって生じた交流をブラシ B1,B2 により取り出す。大電力用の発電機では外部に電機子を固定し,内部に回転する磁石を有するものが普通は用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうりゅう‐はつでんき カウリウ‥【交流発電機】
〘名〙 交流起電力を発生させるための機械の総称。回転界磁形、回転電機子形、誘導子形に大別される。交流機。〔デエリー新文化語辞典(1926)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうりゅう‐はつでんき〔カウリウ‐〕【交流発電機】
交流起電力を発生する発電機。オルターネーター

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

交流発電機
こうりゅうはつでんき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

交流発電機」の用語解説はコトバンクが提供しています。

交流発電機の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation