@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

交際【こうさい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

交際
こうさい
社会生活を営む際に生じる他者との関係を円滑に行うための行為。交際には個人単位のもの,家族単位のもの,社会的な意味のものなど種々の場合がある。個人単位のものは共通の興味や趣味を土台として成り立つ。家族を単位とするものは,個人的なものから引続く場合のほかに,親族,縁者の関係からくるものがあり,親族の連帯感がその基調をなしている。社会的な交際,いわゆる社交は,個人が必要とする社会的連帯に直接関係するもので,近所づきあいのような小範囲のものから,職業や社会的な身分関係に基づいた交際がある。新年の賀詞 (状) の交換,季節の贈答,吉事凶事の祝賀弔問などは交際の形式の一つである。 (→つきあい )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐さい〔カウ‐〕【交際】
[名](スル)人と人とが互いに付き合うこと。まじわり。「交際を結ぶ」「グループで交際する」「男女交際
[用法]交際・つきあい――「友人との交際(付き合い)」「交際(付き合い)が広い」のように、他人と関係を持つという意では相通じて用いられる。◇「付き合い」は、「家族も同然の付き合い」のように私的に親密な関係から、「付き合いで飲みに行く」「あの会社とは付き合いがない」のように、義理や業務上の関係にまで広く使われる。◇「交際」は、義理や世間体の関係ではなく、表立った付き合いの意で用いて、「交際費」のような複合語をつくる。◇類義語「まじわり」は多く文章語として用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうさい【交際】
スル
人と行き来すること。つきあうこと。まじわり。 若い女性と-する -が広い

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐さい カウ‥【交際】
〘名〙 (「際」は出会うの意) 人と人、また、国と国とが互いにつきあうこと。交わり。つきあい。
往生要集(984‐985)大文一〇「非交際故、雖聞无巨益
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉七「外国の交際も、ますます開け行きて」 〔孟子‐万章・下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

交際」の用語解説はコトバンクが提供しています。

交際の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation