@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

享保改革【きょうほうかいかく】

世界大百科事典 第2版

きょうほうかいかく【享保改革】
江戸時代中期,8代将軍徳川吉宗の在職中(1716‐45)に行われた改革政治の総称。17世紀の終りごろから特産物を主軸に商品生産が発達,貨幣経済が浸透し,元禄以来の通貨の混乱と物価騰貴,領主経済とりわけ幕府財政の悪化,政治の行きづまりをもたらし,幕府は幕藩体制再建という課題を抱えていた。1716年(享保1)7代将軍家継が8歳で死去し,その継嗣に藩政改革に実績をもつ紀州藩主吉宗が迎えられた。吉宗は間部詮房(まなべあきふさ),新井白石らを退け,側用人政治を廃し,老中井上正岑,阿部正喬土屋政直久世重之,戸田忠真ら吉宗〈援立の臣〉の意を迎え,譜代を中心とする幕府の正統政治を尊重する姿勢をとり,紀州から連れてきた有馬氏倫加納久通御用取次として重用した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

享保改革」の用語解説はコトバンクが提供しています。

享保改革の関連情報

関連キーワード

享保徳川吉宗享保の改革雍正帝古月軒ケイズルケイズル河原崎座乾隆帝ダニーロ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation