@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

享和【キョウワ】

デジタル大辞泉

きょうわ〔キヤウワ〕【享和】
江戸後期、光格天皇の時の年号。1801年2月5日~1804年2月11日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きょうわ【享和】
江戸時代の年号(1801.2.5~1804.2.11)。寛政の後、文化の前。光格天皇の代。将軍は徳川家斉いえなり

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

きょうわ【享和】
日本の元号(年号)。江戸時の1801年から1804年まで、光格(こうかく)天皇の代の元号。前元号は寛政(かんせい)。次元号は文化(ぶんか)。1801年(寛政13)2月5日改元。1801年は天命が改まる年(王朝が交代する革命の年)とされる辛酉(しんゆう)にあたるため改元が行われた。『文選(もんぜん)』を出典とする命名。享和年間の江戸幕府の将軍は徳川家斉(いえなり)(11代)。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょうわ キャウワ【享和】
江戸後期、光格天皇の代の年号。寛政一三年(一八〇一)二月五日辛酉革命説によって改元。享和四年(一八〇四)二月、文化と改元。出典は「文選」の「順乎天而享其運、応乎人而和其義」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

享和」の用語解説はコトバンクが提供しています。

享和の関連情報

関連キーワード

パーベル1世山東京伝辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸喜多川歌麿桜川慈悲成昇亭北寿

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation