@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

享徳【キョウトク】

デジタル大辞泉

きょうとく〔キヤウトク〕【享徳】
室町中期、後花園天皇の時の年号。1452年7月25日~1455年7月25日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

きょうとく【享徳】
日本の元号(年号)。室町時代の1452年から1455年まで、後花園(ごはなぞの)天皇の代の元号。前元号は宝徳(ほうとく)。次元号は康正(こうしょう)。1452年(宝徳4)7月25日改元。陰陽道の「三合厄歳」(三合の厄)を理由として行われた。『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。関東では、1454年(享徳3)に鎌倉公方の足利成氏(しげうじ)(5代)が関東管領の上杉憲忠(のりただ)を暗殺したことをきっかけに、幕府・山内(やまのうち)上杉氏(関東管領家)・扇谷(おうぎがやつ)上杉氏に与する勢力と、鎌倉公方(後に古河(こが)公方)に与する勢力が争う大規模な戦乱(享徳の乱)が発生した。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょうとく キャウトク【享徳】
室町時代、後花園天皇の代の年号。宝徳四年(一四五二)七月二五日疱瘡流行により改元。享徳四年(一四五五)七月、康正と改元。出典は「尚書」の「世世享徳、万邦作式」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

享徳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

享徳の関連情報

関連キーワード

モデナ公国リッピハプスブルク家殺人事件数の推移樺太島民の悲劇レオナルド・ダ・ヴィンチ飛鳥井雅世猪苗代兼載サボナロラ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation