@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

京哈線【けいはせん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

京哈線
けいはせん / チンハシエン

中国、北京(ペキン)―ハルビン(哈爾浜)間の鉄道名称。延長1249キロメートル。唐山(とうざん/タンシャン)、山海関(さんかいかん/シャンハイコワン)、錦州(きんしゅう/チンチョウ)、瀋陽(しんよう/シェンヤン)、四平(しへい/スーピン)、長春などの諸都市を経由して、北京と中国東北地区を結ぶ幹線鉄道の一つ。全線が複線化されている。ロシア資本によって建設、経営された東支鉄道南満支線(ハルビン―奉天〈現、瀋陽〉―大連(だいれん/ターリエン)・旅順(りょじゅん/リュイシュン)間、1903年全線開業、日露戦争の結果そのうちの長春―大連・旅順間の経営権は日本に譲渡され、南満州鉄道〈満鉄〉となる)、イギリスからの借款による京奉鉄道(北京―奉天間、1907年全線開業)を前身とする。これらのうち、1881年に開業した唐山―胥各荘(しょうかくそう)間9.7キロメートルは中国最初の公共鉄道である。中華人民共和国成立後、施設の改良が行われた。なお、旧満鉄の瀋陽―大連間は現在は瀋大(しんたい)線と称されている。

[青木栄一・青木 亮]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京哈線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

京哈線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation