@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

京都十刹【キョウトジッセツ】

事典・日本の観光資源

京都十刹
足利尊氏によって定められた十刹の制は、その後足利義満によって改められるなど変動が多く、1386(元中3)年からは京都と鎌倉に分けて制定された。
[観光資源] 安国寺〈廃寺〉 | 広覚寺〈廃寺〉 | 真如寺 | 大徳寺 | 等持寺〈廃寺〉 | 普門寺〈廃寺〉 | 宝幢寺〈現・鹿王院〉 | 妙光寺 | 龍翔寺〈のち大徳寺に付属〉 | 臨川寺

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょうと‐じっせつ キャウト‥【京都十刹】
至徳三年(一三八六=元中三年)に定められた京都禅宗十大寺。等持院を第一として、臨川寺、真如寺、安国寺、宝幢寺、普門寺、広覚寺、妙光寺、大徳寺、龍翔寺に至る十寺の総称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京都十刹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

京都十刹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation