@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

亭子院歌合【ていじいんのうたあわせ】

大辞林 第三版

ていじいんのうたあわせ【亭子院歌合】
歌合。一巻。913年3月13日、宇多上皇が亭子院で主催。三〇番六〇首。詠者は紀貫之ら一〇人。勅判で、判詞は現存最古のもの。「天徳歌合」とともに、歌合の範とされた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

亭子院歌合
ていじいんのうたあわせ
913年(延喜13)3月13日、宇多(うだ)法皇が故七条后温子(しちじょうのきさきおんし)の邸宅で上皇御所となっていた亭子院において催した歌合。題は二月(初春)・三月(季春)・四月(夏)・恋で、各10番20首をつがえる予定だったが、時間の都合で夏と恋とを半分にして、30番60首が披講された。判者(はんじゃ)は宇多法皇の勅判で、判詞(はんし)は記録されているものではもっとも古く、滑稽(こっけい)味があっておおらかな行事の雰囲気を伝えている。作者は、法皇、凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)、藤原興風(おきかぜ)、紀貫之(きのつらゆき)、坂上是則(さかのうえのこれのり)、伊勢(いせ)、大中臣頼基(おおなかとみのよりもと)など当時の有数の歌人が参加、「桜散る木の下風は寒からで空に知られぬ雪ぞ降りける」(貫之)、「桜花散りぬる風の名残(なご)りには水なき空に波ぞ立ちける」(同)など秀歌も多く詠まれている。行事の経緯を記した仮名日記は伊勢の作といわれる。形式的にも整った晴儀であった。[小町谷照彦]
『萩谷朴・谷山茂校注『日本古典文学大系74 歌合集』(1965・岩波書店) ▽小沢正夫校注・訳『日本古典文学全集7 古今和歌集』(1971・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亭子院歌合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

亭子院歌合の関連情報

関連キーワード

シメオン[1世]アナスタシウス3世シメオン(1世)新撰万葉集アレクサンデル劉守光ブルガリア帝国日本十進分類法(NDC)保育所の民営化新撰万葉集

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation