@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

人事権【ジンジケン】

デジタル大辞泉

じんじ‐けん【人事権】
使用者が、自己の企業に使用する人員について、採用異動昇進解雇などを決定する権利労働協約労働法などで制限される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じんじけん【人事権】
一般に使用者が,企業運営を円滑・合理的に進めるためには,雇い入れた労働者を適当な職場配置したうえその労働力の効率的な利用を図る必要がある。そのための人事労務管理を行いうる使用者の権限を人事権と呼ぶ。その内容は採用から解雇に至るまできわめて多岐に及ぶが,そのうちでも特定の職場・職務への労働者の配置,その変更・再配置(配置転換),昇給昇格,そしてそのための勤務評定懲戒処分等に関する権限などが代表的なものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じんじけん【人事権】
使用者が労働者の採用・配置・解雇などを決定する権利。労働法・労働協約などによって制限される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じんじ‐けん【人事権】
〘名〙 自己の企業に使用する人員に関して、その採用、解雇、昇進、異動などを自由に行なう使用者の権利。労働協約、労働契約などで制限されることもある。
※迷走(1976)〈秦恒平〉亀裂「人事権は会社の領分なのだし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人事権」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人事権の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation