@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

人力【ジンリョク】

デジタル大辞泉

じん‐りょく【人力】
人間の。人間のもつ肉体的・精神的能力。じんりき。「人力の及ばぬところ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じん‐りき【人力】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じん‐りき【人力】
〘名〙
① 人のちから。人間の能力。じんりょく。
※性霊集‐序(835頃)「高台神構非人力、池鏡泓澄含日暉」
※神皇正統記(1339‐43)下「君の御運をひらきしことは、更に人力といひがたし」
② 力仕事に従う者。人夫。
※参天台五台山記(1072‐73)一「人力七人各与二百文
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「職人をさらべやめて人力(ジンリキ)の車力にでもなりゃアがればいい」
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉二編「金閨の姫妾(おきにいり)も、車夫(ジンリキ)の媼妻(やまのかみ)も、貴賤に因て差別ある無し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じん‐りょく【人力】
〘名〙 =じんりき(人力)
※翁問答(1650)下「世界の内、舟車のいたる所、人力(ジンリョク)の通ずるところ」 〔孟子‐梁恵王・下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひと‐ぢから【人力】
〘名〙
① 人間の力。人の労力。じんりょく。
※俳諧・風やらい(1801)「露けくはあらぬ庵ぞ人ぢから〈春鴻〉 月をむしろに待ばかりなり〈葛三〉」
② 他人の力。他人の助力。
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「他人力(ヒトヂカラ)なんぞを的(あて)にせず」
③ 力を使う者。使役される者。
※書紀(720)斉明二年是歳(北野本訓)「垣(かき)を造る功夫(ヒトチカラ)を費し損(おと)すこと、七万余」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人力の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation