@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

人工【ジンコウ】

デジタル大辞泉

じん‐こう【人工】
自然の事物現象に人間が手を加えること。また、人間の手で自然と同じようなものを作り出したり、自然と同じような現象を起こさせたりすること。「人工の湖」「人工着色」⇔天然

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にん‐く【人工】
作業者の手間を数える語。ある仕事に1日または1時間を要する人員数で表し、土木工事の見積り書などに用いられる。→人日(にんにち)人月(にんげつ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じんこう【人工】
人の手を加えること。人の力で作ること。人造。人為。 ⇔ 天然 -の美

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にんく【人工】
その仕事に要する作業量を、作業員一人の労働量を基礎に出したもの。仕事に必要な延べ人数。多く、土木建築関係についていう。 八-の仕事

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にんぐ【人工】
禅宗で、剃髪して力仕事などの下働きをする者。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じん‐こう【人工】
〘名〙 自然物に人間の力が加えられること。また、人間がつくりだすこと。人のしわざ。人為。人造。
※山陽遺稿(1841)文集・七・耶馬渓図巻記「至羅漢、則人工耳、然皆馬渓之支裔矣」
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一〇「人工(ジンコウ)いかほどに妙なりとも、自然の妙工に及ぶべきやは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にん‐く【人工】
〘名〙 (「にんぐ」とも) 剃髪し、輿をかついだり、馬の口をとったり、また、薙刀などを持って供に立ったりする中間(ちゅうげん)のような者。力者法師。
※永平道元禅師清規(13C中)知事清規「差遣人工。輪撥荘客
※太平記(14C後)四〇「当務の僧供・人工(ニング)・行者に至迄、打殺すのみならず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人工」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人工の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation