@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

人形の家【にんぎょうのいえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

人形の家
にんぎょうのいえ
Et Dukkehjem
ノルウェーの劇作家 H.J.イプセン戯曲。3幕。 1879年コペンハーゲンで初演。弁護士の妻ノラ人形のように愛玩され,安易な生活をおくっていたが,秘密にしていた借金のことで夫になじられ,その善的な生き方を知り,現実に目ざめてゆく。妻,母であるより前に「人間として」生きるために夫や4人の子供を捨てて新しい人生に出発するノラの生き方は,当時の婦人解放運動との関連において大きな論議を呼起し,世界中で上演された。各国の名女優がノラを演じ,日本では松井須磨子のノラ (1911) が有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にんぎょうのいえ〔ニンギヤウのいへ〕【人形の家】
原題、〈ノルウェーEt Dukkehjemイプセンの戯曲。3幕。1879年作。弁護士の夫から人形のように愛されていただけであったことを知ったノラが、一個の人間として生きるために夫と子供を捨てて家を出る。女性解放の問題を提起した近代社会劇の代表作。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

人形の家
日本のポピュラー音楽は女性歌手、弘田三枝子。1969年発売。作詞:なかにし作曲:川口真。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にんぎょうのいえ【人形の家 Et dukkehjem】
イプセンの3幕戯曲。1879年12月出版,同月コペンハーゲンで初演。物語はクリスマス・イブから3日間のできごと。ノーラはかつて,病気の夫をそれと気づかれずに転地療養させるため,おりしも亡くなった父の偽の署名をした借用証書で金を借り,ひそかに返済しつづけている。この罪の行為が暴露されそうになり,不安と焦りの中でクリスマスを過ごしたノーラは,真相を知ったときの夫の態度から,自分は夫にかわいがられている人形にすぎぬと悟り,人間の真のあり方を探るため夫と子どもを置いて家を出る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

にんぎょうのいえ【人形の家】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にんぎょうのいえ【人形の家】
イプセンの戯曲。三幕。1879年作。主人公ノラが自分は従順でかわいい人形でしかなかったことを悟り、一個の独立した人間として生きるために家を出る過程を描く。女性解放運動に大きな影響を与えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

人形の家
にんぎょうのいえ
Et dukkehjem
ノルウェーの劇作家イプセンの三幕戯曲。1879年ドイツ滞在中の作。同年コペンハーゲン王立劇場で初演され、作者の名を世界的にした。弁護士ヘルマーの妻ノラは、3人の子供の母であり、夫からは溺愛(できあい)されている。夫は新年から銀行の頭取に迎えられることになり、その喜びにあふれたクリスマスを背景に劇は展開する。ノラは新婚早々の夫が病気になって転地療養を必要としたとき、夫には内緒で亡父の名を偽署して高利貸から借金をしていた。その悪質男グログスタはいまはその銀行に勤めている。ヘルマーは頭取就任を機に彼を解職しようとするが、相手は例の偽署をたてに逆に夫妻を失脚させるとノラを脅迫する。ついに夫の知るところとなって、彼は最愛の妻に裏切られたとののしる。しかし、グログスタが昔の愛人と結ばれたことで心機一転、借金証を送り返してきて危機は解決され、夫はふたたび妻の意を迎えようとする。しかし、ノラは、自分がこれまでただ人形妻としてかわいがられていたにすぎぬことを知り、「妻であり母である前に一個の人間として生きる」ことを求めて、哀願する夫を振り切り、子供も残して家を去る。上演と同時に、女性解放論者と教会や守旧派との間に激しい賛否の論争がおこり、上演を禁止する国もあったが、ノラは「新しい女」の代名詞となった。日本では1911年(明治44)文芸協会で初演され、松井須磨子(すまこ)(ふん)するノラが大きな反響をよんだ。[山室 静]
『『人形の家』(竹山道雄訳・岩波文庫/矢崎源九郎訳・新潮文庫/島村抱月訳・角川文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にんぎょうのいえ ニンギャウのいへ【人形の家】
(原題Et dukkehjem) 戯曲。三幕。イプセン作。一八七九年コペンハーゲンで初演。弁護士ヘルマーの妻ノラが、これまで男性のための人形にすぎなかった自分に気づき、一個の人間として独立しようとする過程を描く。婦人の解放に大きな影響を与えた社会劇。明治四四年(一九一一)日本初演。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

人形の家
にんぎょうのいえ
Et dukkehjem
ノルウェーの劇作家イプセンの戯曲
1879年初演。夫から人形扱いされたヒロインのノラがひとりの人間として目ざめてゆく過程を描き,女性解放運動に大きな刺激を与えた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人形の家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人形の家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation