@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

人心【ジンシン】

デジタル大辞泉

じん‐しん【人心】
人間の心。また、の人々の考えや気持ち。「人心を掌握する」「人心を惑わす」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひと‐ごころ【人心】
人間の気持ち。また、人としての情愛の心。
「思えば無情(つれな)の―かな」〈樗牛滝口入道
人心地2」に同じ。
「聖は―もなくて、二日三日ばかりありて死にけり」〈宇治拾遺・一三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じん‐しん【人心】
〘名〙
① 人間がふつうに持っている、人間としての心。また、世の中の人々の考えや気持。
※性霊集‐一(835頃)遊山慕仙詩「人心非我意、何得人腸
※浮世草子・西鶴諸国はなし(1685)五「むかしより世界の人心、是をにくむ事替らず」 〔易経‐咸卦〕
② 人の、本善の性ではない、私欲におおわれた心。
※浄瑠璃・頼光跡目論(1661‐73頃)一「さなきだに悪にはうつろひやすき人心、よきを手本にせずして悪しきを定木にせよとは心得難き事共也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にん‐じん【人心】
〘名〙 人間がふつうに持っている、人間としての心。また、世の中の人々の考えや気持。人の心。じんしん。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浄瑠璃・四天王最後(1661)一「にんじんを知り給はぬしうのために、あったら命を捨ん事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひと‐ごころ【人心】
〘名〙
① 人の心。人間の精神。人間の気持。
※後撰(951‐953頃)雑四・一二六三「人心たとへて見れば白露の消ゆるまも猶久しかりけり〈よみ人しらず〉」
② 特に、感情や欲望のある人の心。
※謡曲・班女(1435頃)「形見の扇より、なほ裏表あるものは、人心なりけるぞや」
※金刀比羅本平治(1220頃か)下「漸(やうやうに)もてなしまゐらせければ、人心になり給ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人心」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人心の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation