@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

人手【ヒトデ】

デジタル大辞泉

ひと‐で【人手】
人の手。人間のしわざ。「人手の加わっていない原生林」
働く人。働き手。「人手が余る」
他人の力。他人の働き。「人手に頼る」「人手を借りる」
他人の手中。他人の所有。「田畑を人手に渡す」「所蔵の絵画が人手に渡る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

人手 (ヒトデ)
植物。キンポウゲ科の多年草,薬用植物。ウマノアシガタの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひと‐で【人手】
〘名〙
① 人のしわざ。人間の所業。人工。
※輔親集(1038頃)「ひとてには染むとも見えぬ紅葉はの色は錦に立ぞまされる」
② 他人の手。他の人の力。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※歌舞伎・四天王楓江戸粧(1804)四立「年貢をはかるときや、人手(ヒトデ)をかりて小唄ぶし」
③ 働く人。働きて。
※御伽草子・あきみち(室町末)「これほどの岩あなをこしらへたまふに、人でまいらではあるべき」
④ 他人の手。他人の所有。
※俳諧・毛吹草(1638)六「声よきは人手に渡る小鳥哉〈光有〉」
⑤ 植物「うまのあしがた(馬足形)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人手」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人手の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation