@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

人的資本理論【じんてきしほんりろん】

世界大百科事典 第2版

じんてきしほんりろん【人的資本理論 human capital theory】
資本とは投資によってその価値を増大させることのできる財貨であるが,この考え方を投資対象としての人間に適用したものが〈人的資本〉の概念である。すなわち,人間の経済的価値を投資によって高めることができるという考え方である。人的資本理論は1950年代以降とりわけアメリカの経済学界を中心に活発な研究が行われるようになり,今日では経済学の重要な研究分野として定着するようになった。人間の経済的価値を決める重要な尺度はその人の生産的な能力資質であり,それは市場賃金率の形で評価される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

人的資本理論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人的資本理論の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation