@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

人穴【ヒトアナ】

デジタル大辞泉

ひと‐あな【人穴】
火山のふもとなどにある洞穴溶岩表面が固まり、内部の固まっていない部分が流出してできたもの。昔、人が住んだといい、富士山北西麓に「富士の人穴」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひとあな【人穴】
静岡県富士宮市北方,富士山西麓の朝霧高原にある溶岩トンネル。長さ約70m,横断面はかまぼこ形をしている。富士山の側火山犬涼(いぬすずみ)山から流出した玄武岩質の溶岩流成した洞で,高温で流動性の高い溶岩の表面が冷却固化し中央部で溶岩が流出したあとに,トンネル状に空洞が残されたもの。富士山麓にはこうした溶岩トンネルが約100ヵ所知られ,一部は風穴,氷穴とも呼ばれる。人穴と同じ溶岩流内にも富士山麓最大規模の三ッ池穴をはじめ船穴,新穴,姥穴などの溶岩トンネルがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ひとあな【人穴】
火山のふもとなどにある洞穴,すなわち溶岩トンネルのことで,富士山の西北麓の〈富士の人穴〉が有名である。《吾妻鏡》に,建仁3年(1203)6月3日源頼家の富士の巻狩りの際に,新田四郎忠常(仁田忠常)がこの人穴を探るよう命じられ,主従6人で行くが,穴の奥に大河があり,波が逆巻いていて渡れず,そこでたいまつで川向うを照らすと奇特が見えた。するとたちまちに郎従4人は急死し,忠常は将軍から受けた剣を川に投げ入れ,翌日やっと戻ることができたと語られ,ここが〈浅間大菩薩の御在所〉であるという古老の話が付されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

人穴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人穴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation