@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

人身供犠【じんしんくぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

人身供犠
じんしんくぎ
human sacrifice
人身御供ともいう。祭祀における犠牲の一形式で,人間の命を神に捧げること。世界中にみられる儀式であるが,方法,目的はさまざまである。秘儀的に定められた王 (農作物の神の受肉化とみなされていた) が,その活動力の減退により,大地の繁殖力に対する影響力を失ったと考えられたとき,王自身を犠牲とすることが多い。また,ときには,その代理人が一定期間,神聖な地位についたあとに殺されることもある。アフリカでは豊作祈願葬儀において広く行われていたし,メキシコでは太陽神に対して人間が犠牲とされた。また,ペルーインカエジプトメソポタミアパレスチナイランインド,中国,ギリシア,ローマなど古代文明の発祥地ではたいてい行われていたことが知られている。日本でも人柱の伝説があり,現在も各地の神社に人身供犠が行われていたことを示す祭式が残っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じんしん‐くぎ【人身供犠】
人をいけにえに捧げること。人身御供(ひとみごくう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じんしんくぎ【人身供犠】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じんしんくぎ【人身供犠】
人身御供ひとみごくうのこと。人柱ひとばしら

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じんしん‐くぎ【人身供犠】
〘名〙 祭式、儀式にあたり人命をいけにえとして捧げること。主に古代の農耕社会にみられる習俗。豊穰や種族繁栄の祈願、また崇拝する神や祖霊の怒りをしずめるなどの目的で行なわれる。人身御供(ひとみごくう)。じんしんきょうぎ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

人身供犠
じんしんくぎ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人身供犠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人身供犠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation