@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

人間嫌【にんげんぎらい】

精選版 日本国語大辞典

にんげん‐ぎらい ‥ぎらひ【人間嫌】
[1] 〘名〙 (形動) 世間の人とつきあうのをきらうこと。また、そのさまやその人。
※異端者の悲しみ(1917)〈谷崎潤一郎〉三「必ずしも世間の所謂『人間嫌ひ』━ “Misanthropist” ではない」
[2] (原題Le Misanthrope) 戯曲。五幕。モリエール作。一六六六年パレ‐ロワイヤル座でモリエール一座が初演。副題「怒りっぽい恋人」。道徳的な潔癖さから人間嫌いとなった青年アルセストが、社交的な未亡人と恋をして裏切られ、またしても人間の不誠実さに幻滅するてんまつを通じ、人間社会を鋭く風刺した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人間嫌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人間嫌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation