@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

人頭税[イギリス]【じんとうぜい[イギリス]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

人頭税[イギリス]
じんとうぜい[イギリス]
poll tax
サッチャー政権が強行したイギリスの新税。従来の固定資産税に代るもので,所得額に関係なく 18才以上の住民が一律に支払う。 1989年4月からのスコットランドに次いで,90年4月からイングランドウェールズで実施された。しかし低所得者に大きな税負担を強いるため弱者切捨てとして国民反発を招き,これが引き金となりサッチャー首相は辞任に追込まれた。 91年3月にメージャー政権はこれを 93年3月で廃止し,不動産の価値とそこに住む成人人数により課税する新地方税 council taxを導入することを決定した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人頭税[イギリス]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人頭税[イギリス]の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation