@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ジン】

デジタル大辞泉

じん【人】
物事を「天・地・人」の三段階に分けたときの第三位。評価する場合や、3冊の本の3番目に用いる。
国籍・地域・職業・分野などを示す語と複合して用い、それに該当する人間、それをもつ人間であることを表す。「九州」「アーリア」「経済」「現代」「自由

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じん【人】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たり【人】
[接尾]助数詞。「三(み)」「四(よ)」など和語の数詞に付いて、人を数えるのに用いる。「み」「よ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と【人】
[語素]《「ど」とも》他の語に付いて、ひとの意を表す。「助っ」「盗っ」「東(あずまど)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にん【人】
[名]
ひと。ひとがら。
「―ヲ見テ法ヲ説ク」〈和英語林集成
その行為をする人。その役目の人。多く複合語の形で用いる。「手形振出」「後見
[接尾]助数詞。人数を数えるのに用いる。「五」「七

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひと【人】
[名]
動物分類学上は、霊長目ヒト科ヒト属の哺乳類。直立二足歩行し、手で道具を使い、大脳はきわめて発達し、複雑な言語をもつ。多様な文化を伝承し、地球上で最も栄えた文明をつくり上げている。現生種は一種だけ。学名はホモ‐サピエンス。人間。人類。
個々の人間。ある特定の個人。「裕福な」「大阪の」「目上の」「は一代、名は末代」

㋐その事をするのにふさわしい人材。有能な人材。「彼は教育界では得がたいです」
㋑ある仕事・職業などに従事する人材。「を募集する」「が不足している」
成人に達した者。おとな。
人柄。性質。「が悪い」
世間の人間。「の目を気にする」「に何といわれようと平気だ」
自分と相手以外の人間。他人。「の悪口をいう」「三時にが来る」「迎えにを遣る」
話し手が自分を第三者のようにいう語。わたし。「のことも少しは考えてくれよ」

㋐妻が他者に対して、夫をいう語。「うちの
㋑意中の相手。恋人。
10 法律上、権利・義務の帰属主体である地位または資格。権利能力者。自然人法人とがあり、狭義には自然人だけをさす。
11 人民。臣下。臣民。
「君も―も身を合はせたりといふなるべし」〈古今・仮名序〉
12 身分。
「―もいやしからぬ筋に」〈・夕顔〉
13 人里。人気(ひとげ)。
「―に遠くて生(お)ひ出でさせ給ふめれば」〈・総角〉
14 従者。家来。供。
「某も―を持ってござれども」〈虎明狂・二人大名
[代]二人称の人代名詞。あなた。
「誠に、―は十三、我は十五より見そめ奉り」〈平家・七〉
[下接句]馬方船頭お乳(ち)の人駕籠(かご)に乗る人担ぐ人そのまた草鞋(わらじ)を作る人眼中の人地獄にも知る人裁ち縫わぬ衣着る人東西南北の人十(とお)で神童十五で才子二十(はたち)過ぎれば只(ただ)の人文は人なり冥土(めいど)にも知る人立志伝中の人我か人か

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

り【人】
[接尾]助数詞。人を数えるのに用いる。「一(ひと)」「二(ふた)
[補説]和語の数詞に付くが、「ひとり」「ふたり」の場合だけであって、三人以上は「みたり」「よたり」などのように、「たり」を用いる。なお、「ふたり」の場合も、「ふ」に「たり」の付いたものとする説がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にん【人/刃/仁】[漢字項目]
〈人〉⇒じん
〈刃〉⇒じん
〈仁〉⇒じん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひと【人】
動物の1種としてのヒトについては〈人類〉の,ヒトの身体については〈からだ〉の項をそれぞれ参照されたい。そのほか〈人間学〉〈人間科学〉などの項も参照。ここでは法律上の〈人〉について記述する。 法律上の,人とは広義には自然人natürliche Person(われわれのような生物学的存在)のほか法人juristische Personをも含めて,権利務の主体をさすが,狭義には自然人のみをさす(ドイツ民法第1編第1章の〈人〉は広義,フランス民法第1編の〈人〉と日本民法第1編第1章の〈人〉は狭義)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


ひと

法的な権利義務の帰属主体を、人あるいは法的人格という。それは、法的に構成された概念であって、生きている人間個人とは区別されなければならない。権利義務の帰属主体には自然人と法人とがある。

 自然人とは、いわゆる人間であり、近代法ではすべての自然人が法的な権利義務の帰属主体となる。その始期は出生であり(民法3条1項)、終期は死亡である。胎児は原則として法的人格を有しないが、この原則を厳格に貫くと、胎児の不利益が甚だしいので、民法は、損害賠償請求、相続など重要な場合には、胎児をすでに生まれたものとみなした(同法721条、886条、965条など)。したがって、たとえば、胎児中に不法行為で父親を失った者が生きて生まれると、加害者に対して損害賠償を請求することができ、また、父親の財産を相続することができる。

 法人は、自然人以外のものであって法的人格を有するものである。法人格の現実の担い手は、人の集合(団体)もしくは財産の集合(財団)である。前者を社団法人、後者を財団法人という。

[淡路剛久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たり【人】
〘接尾〙 和語の数詞に付いて、人を数えるのに用いる。「みたり」「よたり」「いくたり」など。
[語誌]「ふたり」の場合は、「ひとり」とともに、数詞の語幹に接尾語「り」が付いたものとするのがふつうだが、「ふ‐たり」とする説もある。なお五人を意味する「いつたり」という語は中世以後にしか見えず、古くは「いとり」といったらしい。平安時代以前に六人以上の人数について「たり」をつけた言い方があったのかどうかは不明であるが、近世の文学作品には「むたり」「ななたり」「やたり」などの形も見える。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と【人】
〘語素〙 他の語に付いて、ひと(人)の意を表わす。連濁で「ど」ともなる。「たびと(旅人)」「ぬすっと(盗人)」「はやと(隼人)」「すけっと(助人)」「あずまと(東人)」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にん【人】
[1] 〘名〙 ひと。ひとがら。じん。
※往生要集(984‐985)大文四「我見、人見、衆生見者、多堕邪見
※落語・化物娘(1893)〈禽語楼小さん〉「大抵己(おのれ)の人(ニン)に無い、柄に無い事は頓と出来ません」
[2] 〘接尾〙 人数をかぞえるのに用いる。
※竹取(9C末‐10C初)「色好みといはるる限り五人」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひと【人】
〘名〙
[一]
① 生物中の一類としての人間。下肢で直立歩行し、上肢は手の機能を果たすようになり、地上生活を営み、道具を使用し、さらに大脳の著しい発達によって、言語、思考、理性の能力、また文化的創造の能力を有するに至ったもの。人間。生物学上は、脊椎動物門哺乳綱霊長目ヒト科に分類される。ひとの進化の段階として、一般に猿人、原人、旧人、新人が考えられており、これら化石人類は数属に分かれるが、現生人類はすべて一属一種、すなわちホモ‐サピエンスであり、狭義にはこれを「ひと」という。現生人類における人種は、生物学上の亜種または変種に相当する。自然科学の対象以外では、「ひと」は動物や植物などと同位概念として、あるいは自然と対立する概念として用いられる場合が多い。
※古事記(712)中・歌謡「一つ松 比登(ヒト)にありせば 太刀佩けましを 衣着せましを」
※徒然草(1331頃)七「命あるものを見るに、人ばかり久しきはなし」
② 人類以外の生物で、人間に準ずる体形や能力を有すると考えられるもの。人類から類推した天人、火星人など。
※竹取(9C末‐10C初)「月の都の人也」
[二] 社会的に生存する人間。
① 存在、行為、思考、あるいは性質、状態などの主体としての人間。個人、またはその集合。
※古事記(712)中・歌謡「忍坂の 大室屋に 比登(ヒト)(さは)に 来入り居り」
※舞姫(1890)〈森鴎外〉「心ある人はいかにか見けむ」
② 具体的な存在ではなく、抽象的な概念としての人間。
(イ) 人間一般。人間たるもの。
※万葉(8C後)四・五九八「恋にもそ人(ひと)は死にする水無瀬河下ゆ吾痩す月に日にけに」
(ロ) 格助詞「の」を伴って連体修飾語となり、物事の帰属する主体が一般的な人間であることを表わす。多く慣用句として用いられ、きわめて軽い意味を加えるにすぎない。
※書紀(720)神代下(丹鶴本訓)「如何ぞ人(ヒト)の兄(いろ)として弟に事へむや」
③ 世の人々。一般の人間。また、世間。世俗。
※書紀(720)仁徳四三年九月(前田本訓)「百済の俗(ヒト)、此の鳥を号けて倶知と曰ふ」
④ 人民。国民。あおひとぐさ。ひとくさ。たみくさ。
※万葉(8C後)一九・四二五四「食(を)す国も 四方の人をも あぶさはず 恵みたまへば」
⑤ 人間として、またはある事に関して、必要な条件を備えたもの。完成した人格。一人前の人間。
(イ) 成年に達したもの。成人。おとな。
(ロ) 人らしい人。とりたてていうに値する人。立派な人物。また、特にある事について、しかるべき人。適当な人。すぐれた人。人材。
※万葉(8C後)五・八九二「あれをおきて 人はあらじと 誇ろへど 寒くしあれば」
※愚管抄(1220)七「あに二人の子孫には、人とおぼゆる器量は一人もなし」
⑥ 人間であるための重要な条件をいう。
(イ) 人間の品格。人柄。人品。
※源氏(1001‐14頃)帚木「人もたちまさり、心ばせまことにゆゑありと見えぬべく」
(ロ) 人の身分、家柄。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年一一月一七日「人の程よりは、さいはひのこよなくおくれ給へるなんめりかし」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「人も賤しからぬ筋に、かたちなどねびたれど清げにて」
(ハ) 人間の性質。ひととなり。特に、気性、心だてをいう。「人がよい」「人が悪い」
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「君は然云ふ不実な人物(ヒト)とは思はんだった」
⑦ 当人に対して、それ以外の人。他の人。
(イ) 他人。当人以外の不特定の人。また、当事者に対して、まわりの人。
※古事記(712)下・歌謡「天飛(だ)む 軽の嬢子(をとめ)(いた)泣かば 比登(ヒト)知りぬべし」
※倫敦塔(1905)〈夏目漱石〉「人から誘はれた事もあるが断った」
(ロ) ほか。よそ。他。特に人間を具体的に意識することなくいう。
※伊勢物語(10C前)四六「人の国へいきけるを、いとあはれと思ひて別れにけり」
⑧ 法律でいう。
(イ) 広義には、自然人と法人を含む法律上の人格者。権利および義務の主体となるもの。
※刑法(明治一三年)(1880)四二四条「人の権利義務に関する証書類を毀棄滅尽したる者は」
(ロ) 狭義には、法人に対して自然人。出生から死亡に至るまでの個人。
※刑法(明治一三年)(1880)二九二条「予め謀て人を殺したる者は謀殺の罪と為し死刑に処す」
[三] ある人物、またはある種の人間を、一般化、または客観化して表現する。
① 不特定の人物をいう。ある人。だれか。特定の人物を、ことさらに不特定化して、ぼかしていう場合がある。
※万葉(8C後)二・二一〇「大鳥の 羽易(はがひ)の山に 吾が恋ふる 妹はいますと 人の云へば」
※伊勢物語(10C前)四八「うまのはなむけせんとて人を待ちけるに、来ざりければ」
② すでに話題に上っている特定の人物をさして、一般的にぼかしていう。この人。あの人。
※古今(905‐914)羇旅・四〇七「わたの原八十島かけて漕ぎいでぬと人にはつげよあまの釣舟〈小野篁〉」
③ 自分自身を客観化していう。現代語では、「人を馬鹿にする」「人の気も知らないで」など、自分に対する他人の態度をとがめるときに用いることが多い。
※万葉(8C後)四・五六二「暇なく人の眉根を徒に掻かしめつつも逢はぬ妹かも」
④ 自分に対して対者をいう。また、男女の相聞などで、相手を客観化していう。あなた。
※古今(905‐914)春上・四二「ひとはいさ心もしらずふるさとは花ぞむかしの香ににほひける〈紀貫之〉」
※源氏(1001‐14頃)薄雲「秋の草をも掘り移していたづらなる野辺の虫をも棲ませて、人に御覧ぜさせむと思ひたまふるを」
⑤ さまざまの相対的関係にある人物の一方をいう。
(イ) 恋人。また、夫、あるいは妻。
※万葉(8C後)三・四五一「人もなき空しき家は草枕旅にまさりて苦しかりけり」
(ロ) 君主、主人に対して、それに従うもの、使われるもの。臣下、家来、女房、供人、召使い、使用人など。
※古今(905‐914)仮名序「つるかめにつけて、きみをおもひ、人をもいはひ」
(ハ) 使者。代理人。
※伊勢物語(10C前)九六「かしこより人おこせばこれをやれ」
(ニ) 客人。「一日中人があった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

り【人】
〘接尾〙 人を数えるのに用いる。和語の数詞に付くが、「ひとり」「ふたり」の場合だけであって、三人以上は「みたり」「よたり」など「たり」の形を用いる。
[補注]「ふたり」の場合は「ふ」に「たり」の付いたものとする説もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation