@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仁寿殿【ジジュウデン】

デジタル大辞泉

じじゅう‐でん【仁寿殿】
平安京内裏十七殿の一。内裏中央、紫宸殿(ししんでん)の北にあった。初め天皇の日の座所、のち、内宴相撲(すまい)蹴鞠(けまり)などを行う所となった。じんじゅでん。にんじゅでん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じんじゅ‐でん【仁寿殿】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じじゅうでん【仁寿殿】
〈じんじゅでん〉とも読む。平安宮内裏の中心的建物。中殿ともいう。紫宸殿の北,承香殿の南にある7間3間の身舎で四面庇の建物。清涼殿が天皇の常住の建物となる以前は,この仁寿殿が天皇の御在所になっていたこともある。仁寿殿の東側は紅梅を植えた東庭があり,に使用されたこともある。紫宸殿,承香殿とはともにの子(すのこ)でつながっていた。もともと天皇の常住の建物であったから,平安宮以前の諸宮にも仁寿殿に相当する建物は存在したはずである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

じんじゅでん【仁寿殿】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

仁寿殿
にんじゅでん
「じじゅうでん」「じんじゅでん」ともいう。平安京内裏の中央にあった建物で,中殿ともいわれる。初め天皇の常の在所 (おましどころ) 。のち内宴,相撲などを行うところとなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仁寿殿
じじゅうでん
仁寿殿」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

仁寿殿
じじゅうでん

「じんじゅでん」とも読む。平安宮内裏(だいり)の殿舎の名。紫宸殿(ししんでん)の北にあり、中殿(ちゅうでん)ともよばれた。檜皮葺(ひわだぶ)きで東西7間、南北4間の四面に廂(ひさし)がある南向きの建物。中央を通る馬道(めどう)で東西に分けられる。紫宸殿との間は露台(ろだい)で、儀式の座が設けられたり、夏に公卿(くぎょう)たちがここで涼をとったりした。仁寿殿はかつて天皇の日常の居所で、南廂の東端には天皇が神事を行う石灰壇(いしばいのだん)があったが、平安中期からは清涼殿がこれにかわり、仁寿殿では正月の内宴や歌合(うたあわせ)などが催され、東庭で相撲(すもう)が行われるなどした。

[吉田早苗]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じじゅう‐でん【仁寿殿】
平安宮内裏殿舎の一つ。内裏の中央にあるので中殿、清涼殿の東にあたるので東殿ともいう。もと天皇の常の座所であったが、のち常の座所は清涼殿となり、ここでは、内宴、相撲、御遊などが行なわれた。じんじゅでん。じんじゅうでん。じじゅでん。
※三代実録‐仁和二年(886)正月二日「時平於仁寿殿如加元服時年十六」
※弁内侍(1278頃)寛元五年三月一日「仁寿殿のつまの局(つぼね)にわたりゐたりしに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じんじゅ‐でん【仁寿殿】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にんじゅ‐でん【仁寿殿】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仁寿殿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仁寿殿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation