@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仁淀川【によどがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

仁淀川
によどがわ
四国山地の主峰石鎚山に発し,高知県に入って仁淀川となり,土佐市東部を流れて土佐湾に注ぐ川。全長 124km。上流部は愛媛県の面河 (おもご) 川で,石鎚国定公園面河渓中津渓谷など景勝地に富む。本・支流域に大渡など約 20の水力発電所がある。下流域は高知平野の西半を占める仁淀平野が広がる。河川水は流域灌漑用水工業用水水道用水として利用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

によど‐がわ〔‐がは〕【仁淀川】
愛媛県と高知県を流れる川。愛媛県石鎚(いしづち)山南斜面に源を発し、高知県中央部を流れて土佐市と高知市ので土佐湾に注ぐ。長さ124キロ。愛媛県側では面河(おもご)川、高知県側では仁淀川という。中流部は峡谷で、山間地はコウゾなどの製紙原料の産地。下流部は園芸を中心とした農業が盛ん。上流部は石鎚国定公園に属する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

によどがわ【仁淀川】
愛媛県石鎚山南斜面に発する面河(おもご)川を源流とし,高知県中央部を南東に流れて土佐市新居(にい)付近で土佐湾に注ぐ川。幹川流路延長124kmで四国第4位,全流域面積1560km2。四国山地を横断し,三波川,秩父,四万十(しまんと)などの地質構造帯を流れるので,下流のはんらん原や海岸へ各種の岩石砂礫が供給される。流域の北限は,松山市南境の三坂峠にまで及ぶ。愛媛県側の面河川は,面河渓などの渓谷美や石鎚登山ルートで知られ,久万(くま)高原を流れる支流を美川村で合わせて高知県境に至り,仁淀川と名を変える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

仁淀川
によどがわ

四国の中央部、愛媛県石鎚(いしづち)山南斜面に源をもち、高知県中央部を南東流し、高知県土佐市と高知市の境界で土佐湾に注ぐ。一級河川。延長124キロメートル、流域面積1560平方キロメートル。愛媛県側では面河川(おもごがわ)といい、高知県内に入って仁淀川と呼称される。四国山地を横断するので、とくに中流部では穿入蛇行(せんにゅうだこう)の著しい峡谷をなし、平地に乏しい。早くから電源開発、治水工事が進められ、大渡(おおど)ダムなどが建設された。下流部では施設園芸を中心とする農業が盛んである。中・上流河谷沿いに、明治中期以降、高知、松山両市間を結ぶ道路がつくられ、現国道33号に継承されている。かつて中流の山間地はコウゾなどの製紙原料産地で、舟運利用により下流の伊野、土佐市高岡などに土佐和紙業中心地が形成された。

[大脇保彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仁淀川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仁淀川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation