@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

今井兼平【いまいかねひら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

今井兼平
いまいかねひら
[生]?
[没]寿永3=元暦1(1184).1.20. 近江,粟津
平安時代末期の武将。木曾の豪族中原兼遠の子。通称四郎。父は木曾義仲 (→源義仲 ) の養父で,兼平は義仲とは乳兄弟。治承4 (1180) 年9月,義仲の挙兵時から側近として活躍,木曾四天王の一人に数えられた。特に寿永2 (83) 年,平家軍の北陸進撃には,義仲の命を受けて越中般若野にこれを撃破,2日後の倶利伽羅谷合戦 (→礪波山〈となみやま〉の戦い ) を有利にし,次いで篠原の戦いでは平家軍を壊滅させた。同年7月義仲に従って入京,11月法住寺殿焼打ちに参加した。寿永3=元暦1 (84) 年1月,範頼,義経の軍が京都に迫ると,義仲の命で瀬田を守ったが敗れ,帰京の途中,粟津で義仲に自害をすすめたのち,戦死

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

今井兼平 いまい-かねひら
1152-1184 平安時代後期の武将。
仁平(にんびょう)2年生まれ。中原兼遠の子。源義仲の家臣で乳兄弟。木曾四天王のひとり。治承(じしょう)4年の義仲の挙兵にしたがい各地を転戦。寿永3年1月20日源頼朝方の軍にやぶれ,近江(おうみ)(滋賀県)粟津で義仲に自害をすすめ,自分は討ち死にした。33歳。信濃(しなの)(長野県)出身。通称四郎

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いまいかねひら【今井兼平】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

いまい‐かねひら【今井兼平】
平安後期の武将。木曾義仲の乳母の子で、木曾四天王の一人。通称四郎。義仲に従って入京後、源範頼・義経の軍に敗れ、義仲の死後自害。謡曲に「兼平」がある。寿永三年(一一八四)没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今井兼平」の用語解説はコトバンクが提供しています。

今井兼平の関連情報

関連キーワード

元暦越後中太一条忠頼佐々木秀義関兼衡平敦盛平忠度平経俊平業盛

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation