@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

今古奇観【きんこきかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

今古奇観
きんこきかん
Jin-gu qi-guan
中国,明末の口語短編小説選集。抱甕 (ほうおう) 老人の編。 40巻。崇禎5 (1632) ~17年の間に刊。編者本名その他未詳。天啓,崇禎年間に相次ぎ出版された短編小説集のいわゆる「三言二拍」 198編中,三言 29編 (『喩世明言』8編,『警世通言』 10編,『醒世恒言』 11編) ,二拍 11編 (『拍案驚奇』8編,『二刻拍案驚奇』3編) の計 40編を選び集めたもので,ほとんどが明代の話本 (わほん) と考えられている。清代に入り,幾度か禁書になりながら一般に流行し,そのため母体である「三言二拍」は忘れられ,近年日本で発見されるまで埋没していたほどである。日本にも早く伝わり,多くの翻訳翻案があって,江戸時代の文学に大きな影響を与えた。 18世紀頃からヨーロッパにも紹介されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きんこきかん〔キンコキクワン〕【今古奇観】
中国、明代末の短編小説集。40巻。抱甕(ほうおう)老人編。「三言(さんげん)」「二拍(にはく)」から40編を選んだもの。江戸時代に伝来し、曲亭馬琴都賀(つが)庭鐘上田秋成らに影響を与えた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんこきかん【今古奇観 Jīn gǔ qí guān】
中国の口語体短編小説集。明末の崇禎年間(1628‐44)に抱甕(ほうよう)老人(本名不明)が,やはり明末の小説集《三言》と《二拍》から40編を選んで刊行したもの。清代には《三言》《二拍》(三言二拍)が姿をくらましたのに対し本書は広く行われ,《続今古奇観》などの類書を生んだ。20世紀に至るまでの約300年間,宋・元以来の口語小説は主に本書によって読まれたといってよい。日本には江戸時代に伝わり,《通俗古今奇観》などの翻訳や翻案物がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

今古奇観
きんこきかん

中国、明(みん)末の1632~44年の間に、「三言二拍」から40編を選び、抱甕(ほうおう)老人(伝未詳)が刊行した話本の選集。以後中国では「三言二拍」を押しのけて広く読まれ、続書も輩出した。人々の哀歓を巧みに描いた傑作ぞろいで、短編小説集としても十分読むに堪え、早くから西欧各国へ翻訳紹介がなされた。日本へは『小説三言』のなかへその一部が訓点つきで翻刻されたのをはじめとして、西田維則(これのり)『通俗赤縄奇縁』(1761)、淡斎主人『通俗古今奇観』(1814)などとして翻訳される一方、「三言二拍」とともに翻案され、江戸の読本(よみほん)に大きな影響を及ぼした。代表作に都賀庭鐘(つがていしょう)の『英草紙(はなぶさそうし)』『繁野話(しげしげやわ)』、上田秋成(あきなり)の『雨月物語』などがあげられる。

[大塚秀高]

『千田九一・駒田信二・立間祥介訳『今古奇観』全5冊(平凡社・東洋文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きんこきかん キンコキクヮン【今古奇観】
中国、明末の通俗小説。四〇巻。抱甕(ほうよう)老人輯。刊行年月日及び編者の本名不明。馮夢龍(ふうむりゅう)、凌濛初(りょうもうしょ)編の通俗短編小説集「三言」「二拍」から民衆の生活に基づいた勧善懲悪的小説四〇編を選録したもの。江戸時代に日本に伝わり、翻訳、翻案された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

今古奇観
きんこきかん
明末に発行された短編小説集
編者は蘇州抱甕老人 (ほうようろうじん) 。写実的な小説を集めたので,中国旧社会の史料として重要。江戸時代の文学にも影響を与えた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今古奇観」の用語解説はコトバンクが提供しています。

今古奇観の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation