@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

今川氏【いまがわうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

今川氏
いまがわうじ
武家足利氏の一族で,足利義氏の子長氏の次男国氏をとする。国氏が三河国幡豆郡今川荘に住み今川氏を称した。その孫範国は足利尊氏に属して重用され,以後子孫は駿河守護を世襲し,ときおり遠江守護をも兼ね,東海地方に覇を誇った。また範国の次男貞世 (了俊) は九州探題に任命され,九州の南朝方と戦ってをたてた。義元は領国駿河を中心として遠江,三河まで支配下に収める戦国大名に成長,東海地方の雄として勢威をふるった。永禄3 (1560) 年,義元は天下統一を志して上洛しようとしたが,尾張桶狭間において織田信長奇襲を受けて戦死,その子氏真は徳川家康に仕え,子孫江戸幕府高家 (こうけ) として存続した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いまがわうじ【今川氏】
足利氏の一族で,駿河を本拠として遠江・三河にも進出した守護大名,戦国大名。足利義氏の子吉良長氏の次子国氏が三河国幡豆郡今川荘を領して今川氏を称したことに始まる。今川氏発展の基礎を作った範国は,足利尊氏に従って行動し,鎌倉幕府滅亡後,遠江・駿河両国守護や室町幕府の引付頭人に任じられた。以後,駿河守護職は今川氏によって世襲され,範氏,氏家泰範,範政と伝えられた。また,範国の次子貞世(了俊)は長く九州探題として活躍した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

今川氏
いまがわうじ
室町・戦国時代の足利(あしかが)氏支流の大名。足利義兼(よしかね)(源義家(みなもとのよしいえ)曽孫(そうそん))の孫吉良長氏(きらながうじ)の次男国氏(くにうじ)が、三河国幡豆(はず)郡今川庄(いまがわのしょう)(愛知県西尾市)を領し今川を称したことに始まる。国氏の孫範国(のりくに)は元弘(げんこう)・建武(けんむ)の動乱期に足利尊氏(たかうじ)に従軍し、その戦功により駿河(するが)・遠江(とおとうみ)両国の守護職(しゅごしき)を与えられ、発展の基礎をつくった。その子了俊(りょうしゅん)(貞世(さだよ))は、引付、侍所の頭人、九州探題として足利政権の確立に寄与した。以後代々駿河国守護として室町幕府の鎌倉府監視の任にあたり、上杉禅秀(うえすぎぜんしゅう)の乱、永享(えいきょう)の乱、結城(ゆうき)合戦などに幕府軍として出陣、活躍した。応仁(おうにん)・文明(ぶんめい)の乱(1467~77)では東軍にくみし、西軍の遠江国守護斯波(しば)氏と対立した。守護から戦国大名への転換を遂げたのは氏親(うじちか)のときで、遠江国をあわせた強力な領国体制を形成、その子義元(よしもと)はさらに三河を領国に加え、東海一の戦国大名として全盛期を築いた。1560年(永禄3)義元が尾張(おわり)攻略の過程で織田信長に桶狭間(おけはざま)で討たれると、家勢はしだいに衰退し、1569年徳川氏により滅ぼされた。子孫は江戸時代高家(こうけ)として存続した。[久保田昌希]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

今川氏
いまがわし
室町時代,駿河・遠江 (とおとうみ) 両国(静岡県)の守護大名
足利氏の支族。足利国氏が三河国幡豆 (はず) 郡今川庄に住み,今川氏を称したことに始まる。孫の範国 (のりくに) は南北朝の内乱で足利尊氏に従い,功により駿河・遠江の守護に任じられ,その子了俊(貞世 (さだよ) )は九州探題として活躍。氏親は駿河・遠江国を領国とする戦国大名体制をととのえ,義元のときさらに三河国を支配して東海一の大名となったが,1560年桶狭間 (おけはざま) の戦いに敗死してから勢威が衰え,武田・後北条・徳川氏の侵略をうけて勢力を失った。江戸時代には,その子孫が高家としてわずかに家名を維持した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今川氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

今川氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation