@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

今市【いまいち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

今市
いまいち
栃木県北西部,日光市南東部の旧市域。 1954年今市町と豊岡村,落合村が合体し市制。同年,篠井村の一部と大沢村を編入。 2006年日光市,足尾町,藤原町,栗山村と合体して日光市となった。中心市街地の今市は,鬼怒川の支流大谷川扇状地谷口集落から発達。東照宮建築後,日光街道日光例幣使街道会津西街道が集まる宿場町として急速に発展。有名な市場町でもあり,穀市が立ったことで知られる。中心産業は農業で,米作,野菜栽培,養鶏,乳牛飼育などを行なう。また,周囲の山地の豊かなスギを背景として製材業が発達し,スギの葉を原料とする線香も製造される。なお,酒,味噌,醤油醸造のほか,電気機械の近代工場も立地。今市扇状地の開拓に努めた二宮尊徳の没地で,墓や報徳二宮神社がある。宇都宮から今市までの日光杉並木街道は国の特別史跡・特別天然記念物。一部は日光国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今市
いまいち
島根県東部,出雲市の中心市街地。宝徳3 (1451) 年に市が開かれ,宝暦年間 (1751~64) に上市下市,中市に分れ,次第に定期市化した。初め姫原といわれたが,鎌倉時代末に開かれた市場町塩冶 (えんな) が古市と呼ばれたのに対し,ここ今市は室町時代以降発展した新しい市場町で,現在の地名となった。伝統工業に,キセルかんざしなどがある。史跡今市大念寺古墳がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いまいち【今市】
栃木県中部にあった市。日光街道日光例幣使街道の宿場町として発展、杉並木が残る。木材加工業や食品加工業などが盛ん。平成18年(2006)3月、足尾町・栗山村・藤原町とともに日光市に合併。→日光

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いまいち【今市】
栃木県中央部の地名。近世になって、宿場町・市場町として栄えた。日光や鬼怒川への玄関口として交通の要地。日光街道の杉並木や二宮尊徳をまつった報徳二宮神社などが有名。昭和二九年(一九五四)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

今市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation