@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

今戸心中【イマドシンジュウ】

デジタル大辞泉

いまどしんじゅう〔いまどシンヂユウ〕【今戸心中】
広津柳浪(ひろつりゅうろう)小説。明治29年(1896)発表。愛人と別れた遊女が、嫌いぬいた男と今戸河岸心中するまでの、女心機微を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いまどしんじゅう【今戸心中】
広津柳浪短編小説。1896年(明治29)《文芸俱楽部》に発表。吉原の娼妓吉里は,余儀なく情人と別れた夜,それまでふり抜いていた善吉の実意にほだされて結ばれる。しかしたちまち窮迫していった2人は,今戸の河岸に投身自殺してしまう。遊郭の女の孤独感や空虚感,衝動的・自棄的な心理の機微が,当時の吉原遊郭の写実的な描写を背景に,生彩を放って描かれている。三面記事的な小事件を,環境と心理の深い諦視によって描き出して,明治20年代文学の写実の達成と目される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いまどしんじゅう【今戸心中】
小説。広津柳浪作。1896年(明治29)「文芸俱楽部」発表。情人と別れた娼妓吉里の心中にいたるまでを、遊里の風俗描写、人情の機微とともに描いたもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

今戸心中
いまどしんじゅう
広津柳浪(りゅうろう)の短編小説。1896年(明治29)7月、『文芸倶楽部(くらぶ)』に発表、のち「柳浪叢書(そうしょ)」前編(1909)所収。1895年の深刻(悲惨)小説から一転、96年柳浪は『河内屋(かわちや)』『信濃屋(しなのや)』『浅瀬の波』などの心中物を多く発表した。なかでも遊里に生きる娼妓(しょうぎ)吉里(よしざと)の心中の動機を主題とした『今戸心中』は傑作といわれる。吉里の情人で好男子の平田、店を手放し、妻子と別れてまでも吉里に通いつめる古着屋美濃屋(みのや)善吉の実直さ、そしてその貞操と同情のはざまにあやしく揺れ動く吉里の女心は、遊廓(ゆうかく)における人情の機微に直接触れていて、また吉原(よしわら)界隈(かいわい)の風俗描写の巧みさと相まって、みごとな一場を結んでいる。[尾形国治]
『『明治文学全集19 広津柳浪集』(1965・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いまどしんじゅう いまどシンヂュウ【今戸心中】
短編小説。広津柳浪作。明治二九年(一八九六)発表。情人に捨てられた江戸吉原の娼妓吉里が、日ごろ嫌い抜いた男と今戸の河岸で心中するまでの、女心の微妙な動きを描いた作品。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今戸心中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

今戸心中の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation