@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

今江祥智【イマエヨシトモ】

デジタル大辞泉

いまえ‐よしとも【今江祥智】
[1932~2015]児童文学作家。大阪の生まれ。教職や編集業のかたわら童話を執筆。「山のむこうは青い海だった」で作家デビュー。ファンタジーから長編まで作風は多彩。他に「ぼんぼん」「兄貴」「でんでんだいこいのち」など。平成11年(1999)紫綬褒章受章。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

今江祥智 いまえ-よしとも
1932-2015 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
昭和7年1月15日生まれ。昭和35年「山のむこうは青い海だった」を発表,あかるいユーモアで注目される。ファンタジーから長編小説まで多様な作風をもつ。作品に自伝的長編「ぼんぼん」,続編「兄貴」(52年野間児童文芸賞),「優しさごっこ」,「でんでんだいこいのち」(平成8年小学館児童出版文化賞)など。平成27年3月20日死去。83歳。大阪府出身。同志社大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

今江祥智
いまえよしとも
(1932― )
児童文学作家。大阪市生まれ。同志社大学英文科卒業。編集者をしながら童話を書いていたが、一中学生の冒険旅行をユーモラスに描いた『山のむこうは青い海だった』(1960)でデビュー。ロマンチックなファンタジーから手堅い長編小説まで、多様な作風をもつ。代表作に、家族をテーマにした『ぼんぼん』(1973。日本児童文学者協会賞)、『兄貴』(1976。野間児童文芸賞)、『優しさごっこ』(1977)などがある。そのほか、『海の日曜日』(1966。産経児童出版文化賞、児童福祉文化賞)、絵本や童話に『わらいねこ』(1964)、『ぱるちざん』(1974)、エッセイ・評論集に『大人の時間子どもの時間』(1970)、『子どもの国からの挨拶(あいさつ)』(1972)、『夢みる理由』(1978)、『プー横丁だより――児童文学の現在』(1983)などがある。
 1990年代以降も活発で、二つのラブ・ストーリーを描く『雲を笑いとばして』(1991)、20編の猫のメルヘン『きょうも猫日和(びより)』(1991)、ユーモラスなラブ・ストーリー『食べるぞ食べるぞ』(1993)、連作長編『夢色の大通りで』(1997)、新聞小説の長編『袂(たもと)のなかで』(2001)、絵本・童話に『おはなし広場 クマちゃんにあいたくて』(1993)、『でんでんだいこ いのち』(1995。小学館児童出版文化賞)、エッセイ・評論集に『幸福の擁護』(1996)、『私の寄港地――My favorite things』(2002)、童話・短編小説・評論・エッセイを集めた『今江祥智コレクション』(2000)など。全集に『今江祥智の本』全36巻・別巻(1980~1991)、『今江祥智童話館』全18巻(1986~1987)がある。『ぼんぼん』四部作(1973~1985)は、1988年度路傍の石文学賞を受賞した。1999年(平成11)紫綬褒章(しじゅほうしょう)受章。[西本鶏介]
『『山のむこうは青い海だった』(1960・理論社) ▽『わらいねこ』(1964・理論社) ▽『海の日曜日』(1966・実業之日本社) ▽『大人の時間子どもの時間』(1970・理論社) ▽『子どもの国からの挨拶』(1972・晶文社) ▽『ぼんぼん』『ぼんぼん 第2部 兄貴』『ぼんぼん 第3部 おれたちのおふくろ』『ぼんぼん 第4部 牧歌』(1973、1977、1981、1985・理論社) ▽『ぱるちざん』(1974・大和書房) ▽『優しさごっこ』『続・優しさごっこ 冬の光』(1977、1981・理論社) ▽『夢みる理由』(1978・晶文社) ▽『今江祥智の本』全36巻・別巻(1980~1991) ▽『プー横丁だより――児童文学の現在』(1983・青土社) ▽『今江祥智童話館』全18巻(1986~1987・理論社) ▽『雲をわらいとばして』(1991・理論社) ▽『きょうも猫日和』(1991・マガジンハウス) ▽『食べるぞ食べるぞ』(1993・マガジンハウス) ▽『おはなし広場 クマちゃんにあいたくて』(1993・クレヨンハウス) ▽『でんでんだいこ いのち』(1995・童心社) ▽『幸福の擁護』(1996・みすず書房) ▽『夢色の大通りで』(1997・理論社) ▽『帽子の運命』(1998・原生林) ▽『今江祥智コレクション』(2000・原生林) ▽『袂のなかで』(2001・マガジンハウス) ▽『私の寄港地――My favorite things』(2002・原生林) ▽今江祥智・上野瞭・山下明生著『宝島へのパスポート――子どもの本はいま』(1988・解放出版社) ▽萬屋秀雄著『現代児童文学の展開――現代児童文学作家論2』(1986・大阪教育図書) ▽岡田純也著『子どもの本の魅力――宮沢賢治から安房直子まで』(1992・KTC中央出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今江祥智」の用語解説はコトバンクが提供しています。

今江祥智の関連情報

関連キーワード

大分県の要覧愛知県の要覧青森県の要覧秋田県の要覧石川県の要覧茨城県の要覧岩手県の要覧愛媛県の要覧大阪府の要覧岡山県の要覧

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation