@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

介護保険【かいごほけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

介護保険
かいごほけん
介護負担を保障することを目的とした保険,およびその制度。
(1) 市町村が主体となり,高齢化社会を支える介護費用を支援するための仕組み。公的介護保険ともいう。1997年12月に介護保険法が成立し,2000年4月から公的な社会保険として施行された。加入には要介護度により在宅・施設の介護サービス給付される。1995年ドイツで導入された公的介護保険制度が下敷きになったとされる。
(2) 民間企業などによる,保険契約に基づく保険商品。給付は金銭による。1985年アメリカンファミリー生命保険が発売した「痴ほう介護保険」が世界初の民間介護保険。その後,郵政省簡易生命保険の一商品として「介護つき終身保険(シルバー保険)」を発売したのをはじめ,生命保険会社,損害保険会社,農業協同組合共済などが参入した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいご‐ほけん【介護保険】
高齢者の介護サービスや介護支援を保障するための社会保険制度の一種。平成12年(2000)に施行された介護保険法に基づいて実施される。市町村が運営し、被保険者はその住民で65歳以上の者(第1号被保険者)と、40歳以上65歳未満で医療保険に加入している者(第2号被保険者)とに分類される。財源半分は国と地方公共団体が負担する。被保険者の種類によって財源の負担割合や保険料の算定方法が異なる。要介護認定によって介護給付が、要支援認定によって予防給付が、原則1割の自己負担で受けられる。
民間の保険会社などが介護用として販売している保険商品。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいごほけん【介護保険】
保険料を徴収して高齢者に介護サービスを提供する新たな社会保険制度。高齢化の進展に伴い,要介護高齢者も急激に増加し,介護は老後を脅かす重大な問題となってきた。このために簡易保険やその他の民間保険でも介護を保険リスクとして種々の私的保険を売り出しているが,国も介護問題を深刻な国民的課題として捉え,このために介護の社会化をとする介護システムの構築が必要であるとして,その一環として公的介護保険構想を明らかにし,1997年12月に介護保険法を制定した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かいご‐ほけん【介護保険】
〘名〙 厚生省が高齢化社会への対応策として導入した保険制度。国民から保険料を徴収し、将来介護が必要となったときに、認定度合に応じた介護サービスを提供するというもの。平成九年(一九九七)一二月に成立した介護保険法により定められ、平成一二年(二〇〇〇)四月から実施。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

介護保険」の用語解説はコトバンクが提供しています。

介護保険の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation