@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

介護【カイゴ】

デジタル大辞泉

かい‐ご【介護】
[名](スル)病人などを介抱し看護すること。「寝たきりの母を介護する」
看護[用法]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

介護
留学生として2年以上学び、介護福祉士の国家資格を得た外国人らが対象。滞在期間は最長5年。問題がなければ、無制限に延長できる。法務省によると、2018年6月時点で介護の在留資格を持つ外国人は全国で177人で、半年で約10倍に増えた。 介護分野をめぐっては、08年から経済連携協定(EPA)による受け入れがスタート。インドネシアフィリピンベトナムから介護福祉士候補が来日している。17年には技能実習の職種に介護が追加された。
(2019-02-01 朝日新聞 朝刊 香川全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

リフォーム用語集

介護
障害者の生活支援をすること。または、高齢者・病人などを介抱し世話をすること

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かいご【介護】
( 名 ) スル
高齢者・病人などを介抱し世話をすること。 「 -人」 「老母を-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐ご【介護】
〘名〙 (「介」はかいぞえする、たすけるの意) 病人や老人を、日常生活の身体的困難などに対して補助したり看護したりすること。
簡易生命保険法(1990)九条「保険約款の定める常時の介護を要する身体障害」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

介護」の用語解説はコトバンクが提供しています。

介護の関連情報

他サービスで検索

「介護」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation