@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仏典結集【ぶってんけつじゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

仏典結集
ぶってんけつじゅう
仏教経典の編集。伝説によると釈尊死後,弟子たちが王舎城に集って釈尊の教えを唱集した。釈尊に常侍した阿難が経典を暗唱,他のが唱和し,優波離 (うぱり) がを暗唱,他の者が唱和した。こうして釈尊の教えの記憶を確かめ,その正しい伝承に努めた。これが第1次結集。 100年後に第2次結集を行い,アショーカ王援助で第3次を,カニシカ王の援助で4次結集を行なったという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

仏典結集
ぶってんけつじゅう
samīti
仏教経典の整理統一事業
古代インドにおいては記録を文字ではなく人々の記憶に頼っていたため,釈迦の死後,遺法散逸異説の発生を防ぐため,弟子たちが各自の記憶するところを話し合い,仏典を集大成する事業をおこした。これを結集(中国名)という。第1回は仏滅直後,釈迦の侍者アーナンダらが中心となって行った。第2回は仏滅100年後,マガダ国で行われた。第3回はアショーカ王のとき行われ,経・律・論の三蔵をパーリ語で記録した。第4回はカニシカ王のときに行われ,サンスクリット語で記録されたと伝えられる。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仏典結集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仏典結集の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation