@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仏蘭西【フランス】

大辞林 第三版

フランス【仏蘭西】
ヨーロッパ西部、大西洋と地中海に面する共和国。農業生産、特に小麦・ワイン・トウモロコシの生産が盛ん。また、鉄・ボーキサイトなどの資源も豊富で鉄鋼・石油化学・航空機・機械などの工業も発達。世界的な観光国。古くガリアといいローマ帝国の属州。中世、西フランク王国の地。一七~一八世紀にはヨーロッパに君臨。1768年コルシカ島をジェノバ共和国から購入。89年フランス革命が起こり、92年王制が廃され、共和制が樹立。ナポレオン一世の第一帝政を経て、1848年二月革命により第二共和制、52年第二帝政、普仏戦争後の第三共和制、第二次大戦後の第四共和制、1958年ド=ゴール政権による第五共和制を経て現在に至る。住民はラテン系で大部分がカトリック教徒。首都パリ。面積55万2千平方キロメートル。人口6050万( 2005)。正称、フランス共和国。 仏蘭西とも当てた

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

フランス【仏蘭西】
(France) ヨーロッパ西部、大西洋と地中海に面する共和国。全般に平野が広がり、工業のほか、農業とくに酪農、果樹栽培が盛ん。古くはガリアと呼ばれていたが、紀元前一世紀半ばカエサルの遠征で全土がローマの属州となり、五世紀ごろゲルマンのフランク族が来住して統一国家を建設した。フランク王国が分裂して西フランク王国の地となり、いくつかの王朝の支配を経て、しだいに民族、文化を形成。一七世紀にはヨーロッパの指導的地位に立ち、海外植民地を領有して栄えた。一七八九年革命によって共和政が成立し、ついでナポレオン一世による第一帝政、一八四八年二月革命以後の第二共和政、五二年からの第二帝政、七一年からの第三共和政、第二次世界大戦後の第四共和政、一九五八年以降ドゴールによる第五共和政を経て現在に至る。首都パリ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仏蘭西」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仏蘭西の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation