@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仏間【ブツマ】

デジタル大辞泉

ぶつ‐ま【仏間】
仏像や位牌(いはい)が安置してある部屋。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

仏間
住居の中で仏壇のある部屋。仏壇は仏壇正面が北向き以外になるように置かれる。日本家屋では冠婚葬祭での表口となる縁側に近い畳のとなることが多い。現在の住居では、その名残で玄関近くに設けられる。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

仏間
ぶつま

方丈(ほうじょう)のような寺院における僧の居所や、住宅につくられた仏像・仏画あるいは位牌(いはい)を安置するための部屋。中世の禅宗寺院では、僧の居所として塔頭(たっちゅう)を設けた。その中心となる方丈に、中世の終わりごろになると、室中の北側の仏間が現れる。将軍足利義政(あしかがよしまさ)の東山殿(ひがしやまどの)の遺構である慈照(じしょう)寺(銀閣寺)の東求(とうぐ)堂は義政の持仏堂で、その中心は二間四方の仏間であった。内裏(だいり)では仏間を黒戸(くろど)といい、常御殿(つねのごてん)のそばに独立した建物として建てられるのがつねであった。黒戸は幕府の絵師木村了琢(りょうたく)によって障壁が装飾された一室の建物で、一方の壁に寄せて作り付けの仏壇があった。民家の仏間では、仏壇を置く場所を部屋の外に張り出して建てる例が多い。また、座敷の床の間のわきに仏壇を置く場所を設けて、仏間としていることもある。とくに信仰心の厚い地域、なかでも真宗の強い地域では、奥の間や座敷などの奥に、りっぱな仏壇を置くための六畳程度の仏間を設けている家がしばしばみられる。

[平井 聖]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶつ‐ま【仏間】
〘名〙 仏像や位牌を安置してある部屋。仏壇のある部屋。
※浄瑠璃・孕常盤(1710頃)一「泣く泣く仏間に入給ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仏間」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仏間の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation