@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仏龕【ぶつがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

仏龕
ぶつがん
仏像,名号,位牌など,仏教における尊崇対象を安置するための厨子,壁の凹所 (ニッチ) または小室壁面に設ける場合は,一般に前面開放されているか,もしくは開放可能で,側面背面が閉じられ,上方がおおわれた形をとる。場所は建造物の外壁内壁のほか天然の岩壁石窟の内壁など多様であり,石窟全体を仏と呼ぶこともある。仏壇広義には仏龕に含まれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶつ‐がん【仏×龕】
仏像・位牌(いはい)などを安置しておく厨子(ずし)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶつ‐がん【仏龕】
〘名〙 仏像・経巻などを納置する厨子(ずし)。〔和漢三才図会(1712)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仏龕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仏龕の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation