@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仕丁【しちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

仕丁
しちょう
奈良時代の力役。大化前代から存在した。令制では,1里 (50戸) ごとに正丁 2人を集した。1人を立丁,もう1人を廝丁 (しちょう) といい,廝丁は立丁の炊事などの役をつとめた。彼らの生活費は差出した里でまかなった。期間は3年で,在京諸司などに配置され,造営事業の労力源となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じ‐ちょう〔‐チヤウ〕【仕丁】
《「しちょう」とも》
律令制で、成年の男子に課せられた力役(りきやく)。50戸ごとに二人がり当てられ、3年交替で諸官庁で労役に服させた。してい。つかえのよぼろ。
平安時代以降、貴族の家などで、雑役に従事した下男。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐ちょう〔‐チヤウ〕【仕丁】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐てい【仕丁】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しちょう【仕丁】
日本古代,中央官司の雑役にあてられた人民。〈つかえのよぼろ〉ともいう。大化改新以前から存在したが,646年(大化2)の改新ので,それまで30戸から2丁を徴発していたのを改め,50戸(1里)から2丁をとる制となり,大宝・養老令制に継承された。令制では,直接労役にあたる仕丁(立丁)と,食事等の世話を行う廝丁とが同郷(里)から徴発されたが,8世紀中ごろ以降,両者は区別なく労役に服するようになった。正丁(21歳以上60歳以下の男子)からとられる仕丁のほか,人数は少ないが同年齢の女丁も役された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

仕丁
しちょう

「じちょう」ともいう。古代に行われた徭役(ようえき)制度の一つ。養老令(ようろうりょう)によると、仕丁は50戸ごとに2人が点ぜられ、中央官衙(かんが)で雑役に従ったが、1人は廝丁(かしわで)として炊事を担当した。仕丁には官粮(かんろう)が支給され、また労役の代償として租税のうち調・庸・雑徭(ぞうよう)が免除された。仕丁制の起源は大化前代にまでさかのぼり、30戸を単位として2人が点ぜられていたのが、大化改新の際に50戸を単位として点ぜられることになった。その際、仕丁を養うために各戸から布と米を徴収し、これを庸とよんだ。この仕丁の庸は、歳役(さいえき)に従事するかわりに庸を出す制度が成立すると、これに吸収された。しかし718年(養老2)4月に至って、仕丁を出した戸が銭や綿を出す養物(ようぶつ)の制度として復活した。

[長山泰孝]

『彌永貞三著『日本古代社会経済史研究』(1980・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐ちょう ‥チャウ【仕丁】
〘名〙 (「しちょう」とも)
① 令制で、公民の成年男子に課せられた力役(りきやく)。また、その人。諸国から五〇戸に二人の割合で、正丁を京にのぼらせ、官司に分配して三年間労役に服させた。二人のうち実働する者を立丁(りってい)(=直丁・駆使丁)といい、他の一人は立丁のために生活の世話をし、廝丁(しちょう)といわれる。女性に課せられた場合は女丁(にょてい・じょちょう)といわれるが、その数は少なかった。じてい。つかえのよぼろ。〔令義解(718)〕
※栄花(1028‐92頃)花山たづぬる中納言「内のそこらの殿上人・上達部・あやしの衛士・仕丁にいたるまで」
② 寺社、貴族などに与えられた封戸(ふご)に課せられる力役。また、その人。封戸から一定の割合で雑役に従事する人夫を差出すか、あるいはその代わりに米銭を上納する。封丁(ふうてい)。じてい。
※東南院文書‐(年月日未詳)(正暦四年(993)以降)・東大寺封物進未勘注案「仕丁八人。養米石」
③ 令制で、地方官に給された事力(じりき)のこと。特に大宰府官人に与えられた事力を仕丁と称することがある。じてい。
④ 平安時代以降、宮中・貴族の家や寺社などで、雑役に使われた下男。雑役に従う人夫。下僕。じてい。
※大鏡(12C前)二「しんでんのひがくしの間に棚をして、小桶に小𣏐しておかれたれば、仕丁つとめてごとに湯をもてまゐりていれければ」
※徒然草(1331頃)三六「女の方より『仕丁やある、ひとり』など言ひおこせたるこそ、ありがたくうれしけれ」
⑤ 江戸時代、特に御台所(みだいどころ)で、御輿舁(みこしかき)その他諸事の使役に供する者。じてい。〔吏徴(1845)〕
⑥ 神事や祭などで、物を持ち運んだり雑役に従事したりする者。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉八月暦「烏帽子白丁姿にて、白布の袋に納めた長柄の褄折傘を担いだ仕丁(シチャウ)一名が」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐ちょう ‥チャウ【仕丁】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐てい【仕丁】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

仕丁
しちょう
律令制における労役の一つ
1里(50戸)に正丁2人の割で,3年交替に中央官庁の労役に従事した。奈良時代の諸造営事業の重要な労働力であった。費用はその里の共同負担で,実際は相当長期間にわたったので逃亡する者もあった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仕丁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仕丁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation