@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仕入【しいれ】

ナビゲート ビジネス基本用語集

仕入
商品を生産者メーカー)や卸売業者から消費者や小売業者や卸売業者に販売するために購入すること。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐いれ【仕入】
〘名〙 (動詞「しいれる(仕入)」の連用形の名詞化)
① 販売するための商品、または、製造に要する原材料、貯蔵品などを買い入れること。仕込み。
※雑俳・勝句寄(1730)「愛相は仕入の外の一元手」
② 教え込むこと。訓練。
※仮名草子・悔草(1647)上「誠や犬猿もし入にしたがふ」
③ あらかじめととのえること。したく。
※浮世草子・世間胸算用(1692)二「むかしは四十貫目が仕入して拾貫目の敷銀せしが」
④ 出来合いの品。既製品。
※談義本・つれづれ睟か川(1783)四「はやり歌のなまおぼえ、古いはなしか、仕入(シいれ)のわるくち、あるいは口合の受うり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐い・れる【仕入】
〘他ラ下一〙 しい・る 〘他ラ下二〙 (「し」はサ変動詞「する」の連用形。「仕」は当て字)
① 作って入れる。入れてととのえる。仕立てる。
※栄花(1028‐92頃)衣の珠「御経仏などにも、ただ御物々具どもしいれさせ給」
② しつける。教えこむ。仕込む。
※古文真宝彦龍抄(1490頃)「刮は、此人はまちっと能し入たらば好らんと云人をば、とぎ入て用らるるよ」
③ 商人または製造業者が商品や原料を買い入れる。仕込む。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)四「其時を見合せ、少しの荷物仕入(シイレ)、むかしにかはりて手代(てだい)もなく」
④ 他からもってきて置いておく。買いこむ。また、他から知識、技術などを得る。
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一「寒い夜などはひそかに蕎麦粉(そばこ)を仕入れて置いて、いつの間にか寝て居る枕元へ蕎麦湯を持って来てくれる」
※海と毒薬(1957)〈遠藤周作〉一「私は彼について一寸した知識を仕入れることができた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仕入」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仕入の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation