@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仕向地条項【しむけちじょうこう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

仕向地条項
しむけちじょうこう

液化天然ガス(LNG)の売買契約において、荷揚場所(仕向地)が固定され、第三者への転売を認めない条項。産出国は需要国と直接取引をすることにより、国ごとの供給量と市場価格をコントロールできる。この条項は日本、韓国など専用船でLNGを輸入する国の契約に盛り込まれており、輸入国側はLNGのトレーディング(第三者への転売)を事業として行うことができない。そのため、日本などはおもな産出国である中東諸国に仕向地条項の撤廃を求めてきた経緯がある。しかし、2010年代から新たにLNGの輸出事業に参入したアメリカは仕向地条項を付さない形での契約を進めていることから、中東諸国も契約見直しに応じる構えをみせている。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仕向地条項」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仕向地条項の関連情報

関連キーワード

LNG産消会議液化天然ガス運搬船ガス事業都市ガスサハリン2冷熱発電液化ガス運搬船カタール国営石油LNG転換冷熱利用

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation