@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仕手方【シテカタ】

デジタル大辞泉

して‐かた【仕手方】
能楽師のうち、シテシテヅレ子方地謡後見などを専門に務める。また、その家柄観世宝生金春(こんぱる)金剛喜多の五流がある。→ワキ方
[補説]ふつう「シテ方」と書く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

して‐かた【仕手方】
〘名〙
① 能楽の主人公であるシテ役を演ずる役者。また、その系統の諸役、シテ、シテツレ、子方、地謡方を総称していうこともある。
※わらんべ草(1660)五「徳右衛門は、〈略〉仕手がたを仕たる事もなく」
② 職人。職工。
※歌舞伎・宇都宮紅葉釣衾(宇都宮釣天井)(1874)四幕返し「棟梁はじめ仕手方(シテカタ)の与四さんやわたしの亭主、一緒に行った十人の大工は」
③ 江戸時代に湯屋、髪結床などの権利を他人から借りて商売をする人をいう。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仕手方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仕手方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation