@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仕方【シカタ】

デジタル大辞泉

し‐かた【仕方】
物事をする方法。やり方。「掃除の仕方
他に対する振る舞い。仕打ち。「親に対する仕方ではない」
(「仕形」とも書く)身ぶり。手まね。
「手をあげて土をかけよと―をした」〈中勘助・鳥の物語〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しかた【仕方】
物事をする方法。やりかた。手段。 話の- 運転の-
振る舞い。しうち。 礼を欠く-
身振りや手まね。 五月乙女さおとめに-望まんしのぶ摺(芭蕉)/雪満呂気
[句項目] 仕方が無い

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐かた【仕方】
〘名〙 (「し」はサ変動詞「する」の連用形から)
① なすべき方法。やり方。手段。仕様(しよう)
※史記抄(1477)三「周は懼楚しかたのなさに必入秦なり」
※交易問答(1869)〈加藤弘之〉上「其仕方も巧者になりて」
② 現実に、今行なわれている動作、ふるまい。悪い意味で用いることが多い。しうち。
※浮世草子・好色一代男(1682)二「我うすぎぬの、あらく裂きたまふこそ、さりとはにくき御しかた」
※狐の裁判(1884)〈井上勤訳〉九「我が恩誼に報ゆる行為(シカタ)か」
③ しぐさ。身ぶりや、てまね。
※虎寛本狂言・千鳥(室町末‐近世初)「迚の事に、仕形を致し、学うでお目に掛ませう」
※雉子の話(1963)〈中勘助〉「手をあげて土をかけよと仕方をした」
④ 「しかたまい(仕方舞)」の略。〔多胡辰敬家訓(1544頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仕方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仕方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation