@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

仕訳帳【しわけちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

仕訳帳
しわけちょう
journal
すべての会計記録の対象となる取引を2つの要素に分解し,取引発生日付順に借方および貸方に分けて記録する帳簿。企業で発生した経済的事件を記録するいわゆる日記帳のような役割をある面で果すわけで (仕訳帳,日記帳などともいう) ,この場合に文章で記録するのではなく,借方,貸方という左右にそれぞれ勘定科目と金額が記入される。この記帳作業によって経済的事情の内容を簡潔明瞭かつ迅速に記録できる。他方では元帳への転記の準備作業的役割も同時に果し,企業の資産,負債資本収益および費用などの諸項目の増減の結果が各勘定科目ごとに明確に把握される。なお近代的帳簿組織では仕帳の記帳作業をさらに合理化するため,補助簿 (たとえば現金出納帳) に仕訳帳の機能をもたせた特殊仕訳帳が出現し,さらにこれが伝票制度への発展の足がかりをつくることとなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しわけ‐ちょう〔‐チヤウ〕【仕訳帳】
簿記で、すべての取引をその発生順に仕訳・記入し、元帳の各勘定口座へ転記するための帳簿。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しわけちょう【仕訳帳】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しわけ‐ちょう ‥チャウ【仕訳帳】
〘名〙 仕訳された借方・貸方の諸事項を取引の発生順に記録する原始記入簿をいう。総勘定元帳とともに主要簿を構成する。仕訳簿。
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「宿勘定の仕訳帳(シワケチャウ)は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仕訳帳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

仕訳帳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation