@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

他動詞【たどうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

他動詞
たどうし
transitive verb
動詞のうち,目的語をとるもの。自動詞と対をなす。目的語を普通はとらず自動詞とされるものでも,英語の walk it (歩いて行く) のように臨時の目的語をとることもあり,普通は目的語をとるので他動詞とされるものでも,行為自体に重点をおくときは目的語を省くことがある。意味のうえでは,他動詞はほかに作用が及ぶ行為を,自動詞は主体だけで完結する行為を表わすといえるが,文法的な規定と意味的な規定とは必ずしも対応しない。なお,日本語には,逃げる-逃す,あく-あけるのように自動詞と他動詞とが対になって対応するものがあり,その語尾の対応の型がいくつかある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たどう‐し【他動詞】
動詞を意味の上から分類した一。その動詞の表す動作や作用が直接他に働きかけたり、他をつくり出したりする働きとして成り立つもの。動作・作用が及ぶ対象は、ふつう格助詞「を」で表される。「本を読む」「窓を開ける」の「読む」「開ける」などの類。⇔自動詞

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たどうし【他動詞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

たどう‐し【他動詞】
〘名〙
① 英語などで、目的語をとり、主客を転換して受動相をつくることのできる動詞。
② 日本語の動詞で、その作用が及ぶ対象の事柄を、「を」格の目的語としてとるもの。「火が消える」「窓が開く」における「消える」「開く」を自動詞というのに対して、「火を消す」「窓を開ける」の「消す」「開ける」の類をさす。「(本を)読む」「(石を)投げる」など、対立する自動詞のないものもある。また、「(空を)飛ぶ」「(門を)出る」のように「を」で経過点を示すような移動を表わす動詞の類は、自他の決定に説が分かれる。〔小学日本文典(1874)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

他動詞
たどうし

動詞

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

他動詞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

他動詞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation