@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

他我【タガ】

デジタル大辞泉

た‐が【他我】
に対して、他人に存在すると考えられる我。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

他我
たが
other self 英語
Fremdich ドイツ語
anderes Ich ドイツ語
autre moi フランス語

単なる物と他人との差は、後者が「自分」をもつことである。わたし自身の「自分」でなく他者の「自分」を他我という。哲学上、他我が問題とされるのは、「自分」をどう考えるかということと密接な関係があるためである。「自分」をあくまでかけがえのないものととらえれば、わたしは原理上、他人の体験はできぬゆえに、体験主体としての他我をどう了解するかが問題とならざるをえない。これが他我問題である。それに対し伝統的には、感情移入による了解を唱える説(リップス)、他者のふるまいから体験を類推するとする類推説(エイヤー)、他者の体験の意味はその行動であると主張する行動主義などの諸立場がある。しかしそのような問題設定を初めから認めず、自分のもつ絶対的なかけがえなさのほかに、自分の社会的・歴史的次元を認める立場もある。このような立場ではだいたい、自分というものがまず社会的、公共的次元で成立し、かけがえなさの成立は二次的なものであると考える傾向が強い。それゆえ他我の了解は第一次的な社会的次元で確保されているとされ、他我の了解不可能の問いはおこらないとされる。

[伊藤笏康]

『エヤー著、吉田夏彦訳『言語・真理・論理』(1955・岩波書店)』『フッサール著、船橋弘訳『デカルト的省察』(『世界の名著51 ブレンターノ フッサール』所収・1970・中央公論社)』『ブーバー著、植田重雄訳『我と汝』(岩波文庫)』『大森荘蔵著『言語・知覚・世界』(1971・岩波書店)』『廣松渉著『存在と意味』(1982・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

た‐が【他我】
〘名〙 自分の中にある個体意識の統一体としての自我に対して、他人の中にも同じくあると考えられる我。
※近代自我の日本的形成(1943)〈矢崎弾〉自我の発展における日本的性格「自己の苦悩は、他我やいっぱん習俗にたえず衝突し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

他我」の用語解説はコトバンクが提供しています。

他我の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation